角川ホラー文庫

アンダー・ユア・ベッド

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年03月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043572014
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

アンダー・ユア・ベッド

  • 著者 大石 圭
  • デザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年03月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043572014

三井は、10年前たった一度だけ会話を交わしたことのある、憧れの的だった千尋のことを、ある日突然鮮明に思い出す。彼女の自宅を調べ、近所に引っ越し、双眼鏡で千尋の生活を覗き見するようになるが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アンダー・ユア・ベッド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ストーカーのお話です。大石圭さん初読みの作品でしたが、ストーカーの行動や心理を淡々と描いています。ストーカーと聞くだけで、多くの方が拒否反応や嫌悪感がわいてきてしまうとは思いますが、この作品に限っては ストーカーのお話です。大石圭さん初読みの作品でしたが、ストーカーの行動や心理を淡々と描いています。ストーカーと聞くだけで、多くの方が拒否反応や嫌悪感がわいてきてしまうとは思いますが、この作品に限っては見方が少し違ってしまいます(あくまでも、この作品内に限ってですけど)。自分の憧れの女性をストーキングし続けるのですが、「ストーカーって凄いな」と変に感心すらしてしまう手口が巧妙?です。ネタがネタなのに不思議と読後感は悪くなく、むしろ主人公の行動に対し、変にストレス解消された気分にすらなってしまいました。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2011年11月06日
    133人がナイス!しています
  • 今回の大石作品も読み始めたら止まらない勢いのある作品で一気に読了。学生の時に一度だけ一緒に珈琲を飲んだ事のある佐々木千尋を捜しだした主人公の三井。そしてもう一度幸せの感触を思い出したいと思った...し 今回の大石作品も読み始めたら止まらない勢いのある作品で一気に読了。学生の時に一度だけ一緒に珈琲を飲んだ事のある佐々木千尋を捜しだした主人公の三井。そしてもう一度幸せの感触を思い出したいと思った...しかしそれは盲目的な純愛なのか?それとも異常な執着なのか?ある意味ストーカーとなりながらも夫のDVに苦しめられる千尋を見守る三井。最後はハッピーエンドとは言い難いが主人公の三井は良く頑張ったと思えるところが救いなのかな... …続きを読む
    mr.lupin
    2019年02月25日
    76人がナイス!しています
  • 自分の家に、知らないうちに誰かが潜んでいる…。そんな戦慄のストーリーでした。『アンダーユアベッド』―、タイトル通りの行動をとっている男の目線からストーリーが始まります。ゾッとするような始まり方ながら、 自分の家に、知らないうちに誰かが潜んでいる…。そんな戦慄のストーリーでした。『アンダーユアベッド』―、タイトル通りの行動をとっている男の目線からストーリーが始まります。ゾッとするような始まり方ながら、ストーキングされている女性の夫にも、おぞましさを感じました。人を愛することって何なのか…。色々考えました。ひとつだけ言えることは、夫のような男とも、ストーキング男とも、恋愛はしたくないってことでした。 …続きを読む
    そのぼん
    2011年09月04日
    75人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品