妖精が 舞い下りる夜

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年07月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784048833370

妖精が 舞い下りる夜

  • 著者 小川 洋子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年07月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784048833370

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「妖精が 舞い下りる夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • エッセイ。元は別々の雑誌に掲載されたものが一冊にまとめられているため、内容が一部重複しているところがあった。小川先生が“小説”というものをどのように感じ、どのように書き上げているのか、よく伝わってくる エッセイ。元は別々の雑誌に掲載されたものが一冊にまとめられているため、内容が一部重複しているところがあった。小川先生が“小説”というものをどのように感じ、どのように書き上げているのか、よく伝わってくる内容だった。 …続きを読む
    てぽる
    2016年03月13日
    4人がナイス!しています
  • 今まで読んだエッセイに小説家として書かれたものがなかったので(書いてるのが作家さんなのだから要素としては勿論あるのだけど)前半はなんだか新鮮だった。残念ながら小川さんの作品を特に愛読、というわけではな 今まで読んだエッセイに小説家として書かれたものがなかったので(書いてるのが作家さんなのだから要素としては勿論あるのだけど)前半はなんだか新鮮だった。残念ながら小川さんの作品を特に愛読、というわけではなかったのでこれはあの作品だ!みたいな楽しみは味わえなかったけれど…。スポーツの話題でぐっと人間味が深まった気がしたのは自分が兵庫の人間だからかしらん(笑) …続きを読む
    もち
    2012年10月24日
    1人がナイス!しています
  • 雪の思い出 が好き。雪が降るとわくわくします。/P.251 雪の不思議さは、風景の角張ったところを、全部丸くしてしまうところにある。 雪の思い出 が好き。雪が降るとわくわくします。/P.251 雪の不思議さは、風景の角張ったところを、全部丸くしてしまうところにある。
    DRYM_8
    2010年12月09日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品