刺繍する少女

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年03月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784048729437

刺繍する少女

  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年03月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784048729437


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「刺繍する少女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • よく研がれた刃物は、すぐに切れたことに気づかない。ゆっくりと血が滲んで、後から痛み。十の短編から滲み出てくるのは、刹那の狂気とでもいうのか、ほんの少しのさじ加減でいつだって大事(おおごと)にできるその よく研がれた刃物は、すぐに切れたことに気づかない。ゆっくりと血が滲んで、後から痛み。十の短編から滲み出てくるのは、刹那の狂気とでもいうのか、ほんの少しのさじ加減でいつだって大事(おおごと)にできるその手前、といった空気だった。不穏で、その不穏に意識を絡め取られる。身動きできないのではなく、このまま狂わされたくなる不可思議さ。小川洋子さんはなんというか、そういう妖しい魅力を放つ作品がとても独特で癖になる。こんな場所に来たいと望んだわけでもないのに、見せられた世界に圧倒されて帰る気が失せていく。それが怖い。 …続きを読む
    emi
    2016年11月04日
    50人がナイス!しています
  • 死を待つ時間には生の時間が間違いなく流れている。その流れの中に過去の思い出の少女が現れ、読者を現実と想像の世界に引きこんでしまう。果たして戻ってこられるのだろうか、それとも想像の世界に引き込まれたこと 死を待つ時間には生の時間が間違いなく流れている。その流れの中に過去の思い出の少女が現れ、読者を現実と想像の世界に引きこんでしまう。果たして戻ってこられるのだろうか、それとも想像の世界に引き込まれたことも理解していいないのではないか。ラスト鮮やかな刺繍の髪飾りの映像が浮かんで、僕はやっと現実の世界に戻ってこられたんだと気づいた。 …続きを読む
    ゴリ
    2010年10月24日
    24人がナイス!しています
  • 短編集。今回も静謐で不思議な世界を案内された。読後、暫く置いて感想を書く事が多いが、数日経っても尚、作中のモチ−フが余韻を残している。「森の奥で〜」のぜんまい腺が気になり、「美少女コンテスト」の星空の 短編集。今回も静謐で不思議な世界を案内された。読後、暫く置いて感想を書く事が多いが、数日経っても尚、作中のモチ−フが余韻を残している。「森の奥で〜」のぜんまい腺が気になり、「美少女コンテスト」の星空のしずくを食べたくなり、「アリア」の水牛の置物を撫でたくなる。刺繍が施された可愛らしい表紙をぱたん、と閉じた時、「またおいで下さい。」と言われた様な感覚に囚われた。 …続きを読む
    ライナス
    2012年09月16日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品