爺さんと僕の事件帖 第1巻 机の中の秘密

爺さんと僕の事件帖 第1巻 机の中の秘密

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2000年05月30日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784048532013
label

爺さんと僕の事件帖 第1巻 机の中の秘密

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2000年05月30日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784048532013

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「爺さんと僕の事件帖 第1巻 机の中の秘密」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ある意味推理漫画。爺ちゃんがあまり喋らないが、大事な事だけはスラスラと語り出す。絵柄的には若く見え、作中にも爺ちゃんへの贈り物が多いσ( ̄∇ ̄;)『僕とおじいちゃんと魔法の塔』と似た雰囲気で読みやすい。 ある意味推理漫画。爺ちゃんがあまり喋らないが、大事な事だけはスラスラと語り出す。絵柄的には若く見え、作中にも爺ちゃんへの贈り物が多いσ( ̄∇ ̄;)『僕とおじいちゃんと魔法の塔』と似た雰囲気で読みやすい。
    あーさん☆『薬屋』と『本好き』推す!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)
    2020年03月10日
    64人がナイス!しています
  • 両親と死別し、施設で暮らしていた少年・中寺逸実。彼の周りで起きる事件の真相を当てるのは、自分を引き取ってくれた、それまで存在をしらなかった祖父だった、という感じのミステリコミック。感想は4巻にて。 両親と死別し、施設で暮らしていた少年・中寺逸実。彼の周りで起きる事件の真相を当てるのは、自分を引き取ってくれた、それまで存在をしらなかった祖父だった、という感じのミステリコミック。感想は4巻にて。
    キートン
    2022年01月05日
    3人がナイス!しています
  • ちょっとした軽い探偵モノってのがいいよな。パラサイトイヴは関係無い。いいね? ちょっとした軽い探偵モノってのがいいよな。パラサイトイヴは関係無い。いいね?
    北白川にゃんこ
    2020年11月09日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品