第4回 日本ホラー小説大賞 短編賞

角川ホラー文庫

Dーブリッジ・テープ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
177
ISBN:
9784043463015
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

第4回 日本ホラー小説大賞 短編賞

角川ホラー文庫

Dーブリッジ・テープ

  • 著者 沙藤 一樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
177
ISBN:
9784043463015


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Dーブリッジ・テープ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 装飾0、剥き出しの文体で綴られる少年の叫び。全てが等身大。だからこそ純粋であり、心惹かれる。 装飾0、剥き出しの文体で綴られる少年の叫び。全てが等身大。だからこそ純粋であり、心惹かれる。
    ryosuke_okubo
    2015年04月26日
    27人がナイス!しています
  • 中学の時に友達からこの本を借りて、あまりの衝撃にこんな本が世の中にあるのか!いいのか!?と変な感想を持ったことを思い出します。あれから何年もたってタイトルが分からなくなっていたのですが読メの方々に教え 中学の時に友達からこの本を借りて、あまりの衝撃にこんな本が世の中にあるのか!いいのか!?と変な感想を持ったことを思い出します。あれから何年もたってタイトルが分からなくなっていたのですが読メの方々に教えてもらいもう一度読むことができました(*´ω`*)懐かしい気持ちでいっぱいですが、あの頃なんて可哀想な話なんだと思っていたけど、この本と同じくらい、もしくはそれ以上に哀しいことが世の中に溢れかえってるんだなぁと思うと…切ないなぁ。 …続きを読む
    ちょん
    2017年10月22日
    24人がナイス!しています
  • 薄い本だけど内容は忘れられなく成るくらい衝撃的だった。グロい描写や後味の悪さよりテープを聞いている大人達の方が、ある意味ホラーだと思える。少年が最後に放った言葉が深く印象に残った。 薄い本だけど内容は忘れられなく成るくらい衝撃的だった。グロい描写や後味の悪さよりテープを聞いている大人達の方が、ある意味ホラーだと思える。少年が最後に放った言葉が深く印象に残った。
    ヒロくま
    2015年05月19日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品