裸のサル 動物学的人間像

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1979年06月06日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043259014

裸のサル 動物学的人間像

  • 著者 デズモンド・モリス
  • 訳者 日高 敏隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1979年06月06日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043259014

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「裸のサル 動物学的人間像」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人間は地球上で唯一絶対の存在ではなく、著しく脳が発達した毛の無いサルに過ぎない事を、起源、セックス、食、育児など多面的なテーマから論じた本。筆者は、科学技術や文化の面で飛躍的な発展を遂げている現代(2 人間は地球上で唯一絶対の存在ではなく、著しく脳が発達した毛の無いサルに過ぎない事を、起源、セックス、食、育児など多面的なテーマから論じた本。筆者は、科学技術や文化の面で飛躍的な発展を遂げている現代(20世紀後半)において、人間が自分たちが動物である事を忘れるといずれ大惨事が起こり得るので、人間の本質を踏まえ謙虚に行動せよと警鐘を鳴らす。 引用されるデータが出典不明確であったり、筆者が提唱する仮説が大胆過ぎたりで賛否はあろうが、読んでいて吹き出してしまう程ユーモアたっぷりの筆致に引き込まれた。 …続きを読む
    takutorocky
    2019年09月04日
    16人がナイス!しています
  • 父から勧められた本。人類文化学、文化人類学、自然人類学で学んだことを裏付けるような「人間」という裸のサルという種を他の動物の例と比較して共通点や相違点を見出し、考察している。 父から勧められた本。人類文化学、文化人類学、自然人類学で学んだことを裏付けるような「人間」という裸のサルという種を他の動物の例と比較して共通点や相違点を見出し、考察している。
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2012年08月07日
    16人がナイス!しています
  • 動物行動学的な観点から人間を体毛のない〈裸のサル〉と位置づけいかに動物本能を残しているか ブラックジョークのような語り。女性が読むのは抵抗が少々ありますが、ヒトの文化的行動の裏に原始的な行動の応用編み 動物行動学的な観点から人間を体毛のない〈裸のサル〉と位置づけいかに動物本能を残しているか ブラックジョークのような語り。女性が読むのは抵抗が少々ありますが、ヒトの文化的行動の裏に原始的な行動の応用編みたいなものをみます。目上の人に「アッ○○さん」目下に「オッ○○くん」がサルも同様てな話の展開期待したけど、ちと方向性が違った。表紙は稚拙ですが大雑把にはそんなモンです。 …続きを読む
    ひさしぶり
    2019年07月31日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品