試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784042750024

星の巡礼

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 訳者 山川 紘矢
  • 訳者 山川 亜希子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784042750024

本書はプラジルの作家、パウロ・コエーリョの処女作である『魔法使いの日記』(原題DiariodeumMago")の日本語訳です。彼の作品は『アルケミスト』『ブリーダ』『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』『第五の山』の四冊の創作的作品と、この「星の巡礼』『ヴァルキリーズ』の二作に見られる自伝的要素の強い作品に分かれています。いずれの場合にも、人間のスピリチュアリティ、つまり、霊性の広がりを追求している作品です。物質的な発展の究極まで行きつき、魂の再発見に向かっている今、多くの人々の心を打つのも当然と言えましょう。(訳者あとがきより)

【目次】
プロローグ
第一章 到着
第二章 サン・ジャン・ピェ・ド・ボー
    *種子の実習
第三章 創造する者、創造されし者
    *スピードの実習
第四章 自分に対する愛と寛容
    *冷酷さを知る実習
第五章 メッセンジャー
    *メッセンジャーの儀式
第六章 愛
    *直感力を養う(水の実習)
第七章 結婚
第八章 法悦
    *青い天空の実習
第九章 死
    *生きたまま葬られる実習
第十章 祈り
第十一章 征服
     *RAMの呼吸法
第十二章 狂気
     *影の実習
第十三章 命令と服従
     *音を聞く実習
第十四章 トラディションの儀式
     *ダンスの実習
第十五章 エル・セブレロ 
エピローグ:サンチャゴ・デ・コンボステーラ

メディアミックス情報

NEWS

「星の巡礼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • キリスト教神秘主義の秘密結社の試験に落第した著者がガイドと共にスペイン北部の巡礼路を旅する。人間のスピリチュアリティを追求した自伝的作品で、次々と課せられる実習など著者の肉体的・精神的な体験が『星の道 キリスト教神秘主義の秘密結社の試験に落第した著者がガイドと共にスペイン北部の巡礼路を旅する。人間のスピリチュアリティを追求した自伝的作品で、次々と課せられる実習など著者の肉体的・精神的な体験が『星の道』からの風景と共に臨場感豊かに記されており、それらが真理に向かって有機的に繋がっていく様はオカルトや宗教といった枠組みに止まらない普遍性や充足感がある。気品のある静かな文体も心地よい。「船は港にいる時、最も安全であるが、それは船が作られた目的ではない」夢を追い求め、よき戦いを戦おう。道はすべての人に開かれる。 …続きを読む
    のっち♬
    2020年08月10日
    76人がナイス!しています
  • 自己啓発というかスピリチュアルの要素が強いように思います。パウロが師であるぺトラスに導かれ、剣を探すために「星の道」と呼ばれる巡礼路を旅する体験を描いていますが、自分と向き合い、自分を見つけるための歩 自己啓発というかスピリチュアルの要素が強いように思います。パウロが師であるぺトラスに導かれ、剣を探すために「星の道」と呼ばれる巡礼路を旅する体験を描いていますが、自分と向き合い、自分を見つけるための歩みと言えるでしょう。若干難しいとは感じましたが、暗示していることを考えながら読む面白さがあります。パウロの旅を通じて、自分を見つめる大切さを教えてくれる名著だと思いました。まっすぐ書いてあることを受け止めながら読むべき作品ですね。 …続きを読む
    優希
    2014年07月28日
    43人がナイス!しています
  • 先に読んだ『カミーノ』(S.マクレーン)の下敷きの本書。著者p.コエーリョが“サンチャゴ・デ・コンポステーラ\(スペイン)への「星の道」と呼ばれる古来からの巡礼の道を歩いた体験を基に描かれた処 先に読んだ『カミーノ』(S.マクレーン)の下敷きの本書。著者p.コエーリョが“サンチャゴ・デ・コンポステーラ\(スペイン)への「星の道」と呼ばれる古来からの巡礼の道を歩いた体験を基に描かれた処女作と云う。宗教的かつスピリッチュアリティに富んだ要素はあるものの、主人公の自分自身を見つめ、自分の中の力を見つける旅、死と直面しエゴや恐れを手放すための旅でもあり、『アルケミスト』同様、主人公とともに巡礼の旅をして自己を見つめ直すことができる良書と感じた。 …続きを読む
    Gotoran
    2014年03月15日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品