求婚する男

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年05月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784042541226

求婚する男

  • 著者 ルース・レンデル
  • 訳者 羽田 詩津子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年05月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784042541226


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「求婚する男」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ストーカー事件が多発している昨今だから、事実の方がよっぽどショッキングなので、どうってことなかった。元カノに固執する主人公。女って一回冷めると戻らないことを学べ。wつーか、主人公に固執されているレオノ ストーカー事件が多発している昨今だから、事実の方がよっぽどショッキングなので、どうってことなかった。元カノに固執する主人公。女って一回冷めると戻らないことを学べ。wつーか、主人公に固執されているレオノーラもイカレてるし、どこが魅力的なのかもわからん。結末はちょっと意外だったけど、目新しくもなく刺激も無いサイコサスペンスとしても完成度の低いつまらない一冊でした。 …続きを読む
    ♪mi★ki♪
    2017年03月15日
    25人がナイス!しています
  • 元はアイルランド人のチンピラで薬物売買にも手を染め大金を稼いできたが、愛するレオノーラの前ではまるで寅さんのような純情男になるガイが主人公。相思相愛の仲だったが4年前から彼女が心変わりし、ガイの暴発を 元はアイルランド人のチンピラで薬物売買にも手を染め大金を稼いできたが、愛するレオノーラの前ではまるで寅さんのような純情男になるガイが主人公。相思相愛の仲だったが4年前から彼女が心変わりし、ガイの暴発を恐れる彼女は毎週土曜のランチを一緒にすることで関係を続ける。ガイは心変わりの理由を本人に直接は聞けず、周囲の人間に当たり情報を集める。このプロセスは犯罪情報収集と似ている。レンデルは悲哀なガイを愛情を以て描くので読む側はいつしか共感を覚え、さりながら早く目を覚ませと親心が沸く。最後にお得意の驚愕が待っている。 …続きを読む
    jugemu
    2018年01月20日
    6人がナイス!しています
  • おいおい、どうしてこうなるの?なぜこの作家はハッピーエンドがこうも嫌いなのだろうか?たまには素直に物語を収束させてもいいんじゃないの? おいおい、どうしてこうなるの?なぜこの作家はハッピーエンドがこうも嫌いなのだろうか?たまには素直に物語を収束させてもいいんじゃないの?
    Tetchy
    2009年03月03日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品