ロゼアンナ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1975年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784042520047

ロゼアンナ

  • 著者 マイ・シューヴァル
  • 著者 ペール・ヴァールー
  • 訳者 高見 浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1975年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784042520047

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロゼアンナ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1993年12月14日読了。刑事マルティン・ベック_第1弾。原題は『Roseanna』。旧訳は『ロゼアンナ』、新訳は『ロセアンナ』。もちろん、あらすじは忘却の彼方。 1993年12月14日読了。刑事マルティン・ベック_第1弾。原題は『Roseanna』。旧訳は『ロゼアンナ』、新訳は『ロセアンナ』。もちろん、あらすじは忘却の彼方。
    背番号10
    1993年12月14日
    25人がナイス!しています
  • マルティン・ベックシリーズ第一作目。ストーリーそのものに派手さもなく、捜査も至って他の警察小説と大差ない。それでもベックを始めラーソン・アールべり・コルベリ等の同僚との何気ないやり取りはそれなりに洗練 マルティン・ベックシリーズ第一作目。ストーリーそのものに派手さもなく、捜査も至って他の警察小説と大差ない。それでもベックを始めラーソン・アールべり・コルベリ等の同僚との何気ないやり取りはそれなりに洗練されており読んでいて面白い。ベンクトソンを犯人と確信し、罠を仕掛けて実行に移すシーンは息を呑んだ。こういう方法で犯人逮捕につながる作品も読んだ記憶がないので新鮮だった。カフカとのやり取りが電報でそういう時代もあったのか、と雰囲気を味わうことが出来た。次作にも期待。 …続きを読む
    しょう
    2020年11月21日
    21人がナイス!しています
  • 北欧ミステリーはどんよりした印象があり苦手意識がありましたが、面白かったです。地味で、展開が早いわけでもなく、話にひねりがあるわけでもありませんが、何故か引き込まれる魅力があります。 あとがきは読まな 北欧ミステリーはどんよりした印象があり苦手意識がありましたが、面白かったです。地味で、展開が早いわけでもなく、話にひねりがあるわけでもありませんが、何故か引き込まれる魅力があります。 あとがきは読まない方がいいと思います。違う巻のネタバレがあります。最後の最後に配慮のなさに驚きました。 ★★★ …続きを読む
    さくら@読メやすみやすみ
    2017年08月14日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品