ロゼアンナ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1975年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784042520047

ロゼアンナ

  • 著者 マイ・シューヴァル
  • 著者 ペール・ヴァールー
  • 訳者 高見 浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1975年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784042520047


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロゼアンナ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1993年12月14日読了。刑事マルティン・ベック_第1弾。原題は『Roseanna』。旧訳は『ロゼアンナ』、新訳は『ロセアンナ』。もちろん、あらすじは忘却の彼方。 1993年12月14日読了。刑事マルティン・ベック_第1弾。原題は『Roseanna』。旧訳は『ロゼアンナ』、新訳は『ロセアンナ』。もちろん、あらすじは忘却の彼方。
    背番号10
    1993年12月14日
    25人がナイス!しています
  • 北欧ミステリーはどんよりした印象があり苦手意識がありましたが、面白かったです。地味で、展開が早いわけでもなく、話にひねりがあるわけでもありませんが、何故か引き込まれる魅力があります。 あとがきは読まな 北欧ミステリーはどんよりした印象があり苦手意識がありましたが、面白かったです。地味で、展開が早いわけでもなく、話にひねりがあるわけでもありませんが、何故か引き込まれる魅力があります。 あとがきは読まない方がいいと思います。違う巻のネタバレがあります。最後の最後に配慮のなさに驚きました。 ★★★ …続きを読む
    さくら@読メやすみやすみ
    2017年08月14日
    16人がナイス!しています
  • 北欧ミステリーに初挑戦!マルティン・ベックシリーズ第1作目。どんでん返しがあるでもなく、ひたすら地道に情報収集を経て、犯人を囮で捕まえる。今まで読んだ海外ミステリーと一味違った作風でしたが、思いの外楽 北欧ミステリーに初挑戦!マルティン・ベックシリーズ第1作目。どんでん返しがあるでもなく、ひたすら地道に情報収集を経て、犯人を囮で捕まえる。今まで読んだ海外ミステリーと一味違った作風でしたが、思いの外楽しめました。シャーロック・ホームズシリーズのホームズがワトソンや読者の私達に最後の最後まで手の内を明かさず、どんでん返しがあったりする面白さとは反対に、マルティン・ベックシリーズは刑事たちと共に被害者像、犯人像に迫っていく面白さがあると思いました。シリーズ追ってみたいと思います! …続きを読む
    うみ
    2017年09月13日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品