ネオン・レイン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1990年09月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784042466017

ネオン・レイン

  • 著者 ジェイムズ・リー・バーク
  • 訳者 大久保 寛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1990年09月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784042466017


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ネオン・レイン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者のジェイムズ・リー・バークは、それまで6つの純文学作品を出版していたが、本書で初めてこうしたジャンルに挑戦し、成功を収めたようだ。分類上はミステリーということになるのかも知れないが、内実はタフなハ 著者のジェイムズ・リー・バークは、それまで6つの純文学作品を出版していたが、本書で初めてこうしたジャンルに挑戦し、成功を収めたようだ。分類上はミステリーということになるのかも知れないが、内実はタフなハードボイルドに真骨頂を発揮する小説だ。主人公のロビショーは、ハードボイルドには当然の孤独な刑事なのだが、彼は自らが属する警察組織や他の国家機関(CIA)からも孤立する存在である。ニューオーリンズを舞台に展開する物語は著者に独特のスタイルであり、評価の高さも肯ける。ことさらに詩情をたたえた終幕の寂寥感は見事。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2015年12月07日
    256人がナイス!しています
  • いいミステリ作家に出会えたなと思う。解説にある通り、デイブは所謂タフガイではない。犯罪者にも共感でき多少の妥協もすることのできる他にはないタイプの主人公。その感じが舞台であるニューオリンズやルイジアナ いいミステリ作家に出会えたなと思う。解説にある通り、デイブは所謂タフガイではない。犯罪者にも共感でき多少の妥協もすることのできる他にはないタイプの主人公。その感じが舞台であるニューオリンズやルイジアナの雰囲気とよくあっている。私が訪れたのは書かれた頃より10年ほど後だが、バーボンストリート、ケイジャン料理、チコリ入りのコーヒー、カフェ・デュ・モンドでの朝食を思い出させ、あの独特の街への郷愁をかき立てた。そういうノスタルジックな気持ちにさせるのは文章を磨いてきた作者が手掛けたミステリだからこそだろう。 …続きを読む
    ケイ
    2016年05月22日
    107人がナイス!しています
  • 物憂いまでのモノローグが情景を…心情を…語っていく文体にある種詩情すら感じさせるが、どっこい主人公が遭遇する暴力は生半可なものではなく、また警察組織を無視した行動は刑事というより正にダーティーハリーな 物憂いまでのモノローグが情景を…心情を…語っていく文体にある種詩情すら感じさせるが、どっこい主人公が遭遇する暴力は生半可なものではなく、また警察組織を無視した行動は刑事というより正にダーティーハリーな一匹狼!ハードボイルドそのものだ。彼は正義を求めるが自身を窮地に追い込み、置き去りにされ、自分なりの落とし前をつけて諦観に至る。◆英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!http://bookmeter.com/c/334878 …続きを読む
    sin
    2016年03月14日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品