ヴァレリー文学論

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1955年03月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
168
ISBN:
9784042038016

ヴァレリー文学論

  • 著者 ヴァレリー
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1955年03月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
168
ISBN:
9784042038016


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヴァレリー文学論」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 詩と言うのは、組み立ての難しさやしばりの多さから単純に思考して創るものだと思っていた。どうもそう簡単な話ではなさそうである。この大詩人の思考のひねくれさ加減は私好みで、つい頬が緩んでしまう。次の言葉な 詩と言うのは、組み立ての難しさやしばりの多さから単純に思考して創るものだと思っていた。どうもそう簡単な話ではなさそうである。この大詩人の思考のひねくれさ加減は私好みで、つい頬が緩んでしまう。次の言葉などはロック・ミュージックの詩人、デヴィッド・ボウイが聞いたら、「僕はまさにそう思って書いているよ」と言いそうで可笑しい。曰く「慰み半分書いたものを、他人は注意深く熱心に読んでくれる。注意深く熱心に書いたものを、他人は慰み半分に読んでくれる」。ボウイは小説執筆を途中でやめている。堀口大學による訳も香気高く秀逸。 …続きを読む
    Kei Kikuchi
    2015年08月02日
    11人がナイス!しています
  • 堀口大學訳。「別な文章で表現し得る目標を持つ文章が散文だ」 堀口大學訳。「別な文章で表現し得る目標を持つ文章が散文だ」
    双海(ふたみ)
    2014年04月10日
    10人がナイス!しています
  • 文学についてのアフォリズム集。いちいちエレガントでストイックで格好よろしい。「僕は、自分がもしそれを表現する場合にぶつかったとしたら、それを表現するに困難を感じたであろうことを表現する作家だけにしか価 文学についてのアフォリズム集。いちいちエレガントでストイックで格好よろしい。「僕は、自分がもしそれを表現する場合にぶつかったとしたら、それを表現するに困難を感じたであろうことを表現する作家だけにしか価値を認めないし、また認めも得ない」。まあ痺れますよね。また友人が呑みながら吐く名言ともろに被る文章が多くて、彼の言葉の注釈としても楽しんだ。 …続きを読む
    らじとり
    2017年03月10日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品