混成種   HYBRID

第1回 日本ホラー小説大賞 佳作

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1994年04月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041931011

第1回 日本ホラー小説大賞 佳作

混成種   HYBRID

  • 著者 カシュウ・タツミ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1994年04月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041931011


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「混成種   HYBRID」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「自己中男の末路」 : 生きている金属を作り、それが自我を持ち始めたというのが話の骨子となる……のだが、他の角川ホラーシリーズに比べ主人公の影が薄い。中盤からは主人公=チップ(敵役)になるので要所で自 「自己中男の末路」 : 生きている金属を作り、それが自我を持ち始めたというのが話の骨子となる……のだが、他の角川ホラーシリーズに比べ主人公の影が薄い。中盤からは主人公=チップ(敵役)になるので要所で自意識が出てくる以外は出番無し。しかも、元々が自らの自己顕示欲が事の発端なのでカッコ悪い。取り立ててエロ・グロがあるわけでも無く、非常に薄味な小説となってりる。ただただ、主人公のダメっぷりが印象に残る結果となった。 …続きを読む
    ほっしー
    2012年09月06日
    2人がナイス!しています
  • つまんなかった。ァァとか、ィィィとかが読んでて気持ち悪かった。つまらない少年漫画みたい。 つまんなかった。ァァとか、ィィィとかが読んでて気持ち悪かった。つまらない少年漫画みたい。
    ごましお
    2013年10月07日
    1人がナイス!しています
  • 金属植物という特殊な発明をする男。しかし、あまりに特殊なその発明に、評価を得られないことに怒り、失望する男…それはやがて、ある悪意に付け込む隙を与えてしまう。自分が制御していたものに、制御される屈辱。 金属植物という特殊な発明をする男。しかし、あまりに特殊なその発明に、評価を得られないことに怒り、失望する男…それはやがて、ある悪意に付け込む隙を与えてしまう。自分が制御していたものに、制御される屈辱。ホラー大賞の佳作ということで読んだのだが、サイエンス色よりもバイオレンス色が強く際立ってしまい女性には不向きかと思われる。 …続きを読む
    狡噛 慎也
    2004年03月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品