試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年07月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041878019

死刑執行人の苦悩

  • 著者 大塚 公子
  • 解説 佐木 隆三
  • カバーデザイン 桜庭 文一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年07月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041878019

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「死刑執行人の苦悩」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この本を読んで、すぐさま死刑は反対・・死刑は賛成と結論を出すのは難しいと思います。死刑を決めるのも実行するのも人間です。個人の思いだけでは解決ができない大きな問題ですね。 この本を読んで、すぐさま死刑は反対・・死刑は賛成と結論を出すのは難しいと思います。死刑を決めるのも実行するのも人間です。個人の思いだけでは解決ができない大きな問題ですね。
    kinupon
    2015年03月18日
    45人がナイス!しています
  • 死刑執行人は死刑に躊躇し、苦しんでいる!だから死刑反対!という本。でてくる「死刑執行人」も公子ちゃんの捏造くさいし、万策尽きました感満載です。僕はかねがね思うんですが、被害者なり遺族代表者に、「従来通 死刑執行人は死刑に躊躇し、苦しんでいる!だから死刑反対!という本。でてくる「死刑執行人」も公子ちゃんの捏造くさいし、万策尽きました感満載です。僕はかねがね思うんですが、被害者なり遺族代表者に、「従来通り死刑」、「死刑回避」、「仇討希望」と選択できるようにすれば全部解決なのに、なんで一律に廃止だ!とわめき散らすんでしょうね。こういう連中って「人権意識の低いやつらめ!優れた私たちに従ってればいいのだ!」と言わんばかりなんですよね。だから自分たちを「進歩的」なんて称したりするのでしょうね(嫌いなので毒吐き) …続きを読む
    北風
    2015年01月13日
    27人がナイス!しています
  • 俺は人が何と言われようと死刑反対派。この話をする時は、必ず死刑賛成派の人から反対なんか有り得へん。人を殺めておいて、のうのうと生かす権利があるのかと、反対する事がまるで間違いみたいに罵られる、この風潮 俺は人が何と言われようと死刑反対派。この話をする時は、必ず死刑賛成派の人から反対なんか有り得へん。人を殺めておいて、のうのうと生かす権利があるのかと、反対する事がまるで間違いみたいに罵られる、この風潮が嫌いや。では、冤罪やったらどうするんや、いじめで自殺した人を虐めた人は良いのかと熱くなり、喧嘩になった事があるから、この話題にはいつも触れないようにしている。殺したくもないのに、仕事で死刑を執行する矛盾と苦悩がありありと書かれてました。どんな事があろうと国が殺人を容認する死刑制度は絶対に無くすべきだと思うよ …続きを読む
    ひらけん
    2019年09月28日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品