血ぬられた鏡像 赤かぶ検事奮戦記

血ぬられた鏡像 赤かぶ検事奮戦記

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年07月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041776322
label

血ぬられた鏡像 赤かぶ検事奮戦記

  • 著者 和久 峻三
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
1993年07月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041776322

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「血ぬられた鏡像 赤かぶ検事奮戦記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 赤かぶ検事シリーズは好きだが内容はいまいち。元々小説よりドラマでのほうが馴染み深い作家さんなので、リアリティの薄い内容は想像力が湧かない。怨霊系はちょっと苦手。 赤かぶ検事シリーズは好きだが内容はいまいち。元々小説よりドラマでのほうが馴染み深い作家さんなので、リアリティの薄い内容は想像力が湧かない。怨霊系はちょっと苦手。
    十六夜(いざよい)
    2020年01月05日
    16人がナイス!しています
  • ☆☆ ☆☆
    hamm
    1970年01月01日
    0人がナイス!しています
  • 赤かぶ検事の相棒・仰天警部補に瓜二つな殺人犯が街をおびやかす。その目的は「100年前の殺人事件で逮捕されなかった逃亡犯の生まれ変わりを処刑する」という荒唐無稽なものだった…!なぜ犯人は仰天警部補とそっくりな 赤かぶ検事の相棒・仰天警部補に瓜二つな殺人犯が街をおびやかす。その目的は「100年前の殺人事件で逮捕されなかった逃亡犯の生まれ変わりを処刑する」という荒唐無稽なものだった…!なぜ犯人は仰天警部補とそっくりなのか。なぜ犯人は「前世の生まれ変わり」を知っているのか。オカルトじみたこの怪事件にどのような真相が…? と気になって読み進めていくと、「犯人は本当のバケモノでした!」というオチに驚愕。いやまあ、赤かぶ検事シリーズ全体で見れば1つくらいこういう話があっても「異色作」として片づけられるのかもしれないが…。 …続きを読む
    ジャッカル佐崎
    2022年12月05日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品