リバイアサン1999

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041736135

リバイアサン1999

  • 著者 景山 民夫
  • 解説 風間 賢二
  • イラスト 上原 徹
  • カバーイラスト 上原 徹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041736135

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「リバイアサン1999」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今となっては懐かしい人類滅亡の年1999年。各地で異常気象が起こり、動物の大移動、ついには大震災が発生。生き物としての分を超えた人間への報復なのか?カタストロフィの後に地球を支配しようとする悪の財団と 今となっては懐かしい人類滅亡の年1999年。各地で異常気象が起こり、動物の大移動、ついには大震災が発生。生き物としての分を超えた人間への報復なのか?カタストロフィの後に地球を支配しようとする悪の財団とそれに立ち向かう研究所の戦いを関東テレビのディレクターにして雑賀衆の末裔、雑賀愛の目を通して描きます。特定の宗教色はあるものの、自宅を襲った武装集団に立ち向かう愛の活躍をはじめ、アクション、スペクタクル満載。武術においても、取材センスにおいても出来すぎの愛ですが、一気に読ませてしまう勢いのある小説です。 …続きを読む
    ワッピー
    2016年08月21日
    5人がナイス!しています
  • 前半~中盤はスペクタクル溢れる展開に引き込まれ、それからどーなる?と興味が掻きたてられる。が、後半からどんどん倫理的な色が濃くなっていき、最後は「清く正しく行きましょう」(個人的意訳)という大団円。こ 前半~中盤はスペクタクル溢れる展開に引き込まれ、それからどーなる?と興味が掻きたてられる。が、後半からどんどん倫理的な色が濃くなっていき、最後は「清く正しく行きましょう」(個人的意訳)という大団円。こんだけストレートに言われると、拒絶反応を起こしてしまう。 …続きを読む
    使用上の注意
    2014年09月18日
    1人がナイス!しています
  • 景山が宗教に走ったバックボーン的な部分を垣間見た気がする 景山が宗教に走ったバックボーン的な部分を垣間見た気がする
    カンパネルラ
    2005年12月19日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品