愛の怪談 現代ホラー傑作選第7集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041704080

愛の怪談 現代ホラー傑作選第7集

  • 著者 三橋 一夫
  • 著者 香山 滋
  • 著者 城 昌幸
  • 著者 梶尾 真治
  • 著者 澁澤 龍彦
  • 著者 赤江 瀑
  • 著者 都筑 道夫
  • 著者 式 貴士
  • 著者 戸川 昌子
  • 著者 高橋 克彦
  • 編者 高橋 克彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041704080


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「愛の怪談 現代ホラー傑作選第7集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今回は高橋克彦編のホラー短編集。その名の通りに男女の愛をテーマにした作品ばかりです。『われても末に』と『妻を愛す』が予想外にSFチックだったのに軽く驚きました。『道化役』のなんとも言えない哀愁ある後味 今回は高橋克彦編のホラー短編集。その名の通りに男女の愛をテーマにした作品ばかりです。『われても末に』と『妻を愛す』が予想外にSFチックだったのに軽く驚きました。『道化役』のなんとも言えない哀愁ある後味と、どんな苦境でも女の業捨てることの出来なかった女性の一生を描いた『金爛抄』も捨てがたいけれども、ベストは時空ロマンス的な『駒形通り』。三橋一夫氏は奇妙だけれど心温まるロマンスを描いてくれますなあ。 …続きを読む
    KANEO
    2013年07月02日
    3人がナイス!しています
  • これ、大分古い。幽霊になった男が好きになった女をさらいにいって……、じゃない話ばかりでした。ちっ、どなたかこんな話書いてくれないかな。 これ、大分古い。幽霊になった男が好きになった女をさらいにいって……、じゃない話ばかりでした。ちっ、どなたかこんな話書いてくれないかな。
    水月
    2013年02月10日
    3人がナイス!しています
  • タイトルに恐怖と切なさを求めて読んでみた。 一番好きなのは、思わず涙が出そうになるくらい悲しく恐ろしい話だった「金襴抄」。母と息子の愛憎、復讐の物語。やるせない話だった。 別の意味で心に残ったのが「わ タイトルに恐怖と切なさを求めて読んでみた。 一番好きなのは、思わず涙が出そうになるくらい悲しく恐ろしい話だった「金襴抄」。母と息子の愛憎、復讐の物語。やるせない話だった。 別の意味で心に残ったのが「われても末に」。初恋の喜びと別れの切なさを描写した序盤はとてもよかった。切ないし共感もできる。ただ中盤から雲行きが怪しくなりラストはそんな投げやり(と私には思えた)でいいのかと悩んでしまった。無理やりこじつけようとしてる(ように私には見えた)けど妻はそれ初恋の娘さんと違うじゃないですかと… …続きを読む
    てりやき
    2014年04月12日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品