試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年08月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041671108

烙印の森

  • 著者 大沢 在昌
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年08月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041671108

私は犯罪現場専門のカメラマン。特に殺人現場にこだわるのは、”フクロウ”と呼ばれる殺人者に会うためだ。その姿を見た生存者はいない。何者かの襲撃を受けた私は、本当の目的を果たすため、戦いに臨む。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「烙印の森」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 書店で新装版を見かけ、あらすじを読んで気になり手にとりました。大沢先生にしては珍しく、ちょっと軽め?なハードボイルドサスペンスです。軽めとはいっても、さすがは大沢先生の作品なので、基本的な雰囲気の軸は 書店で新装版を見かけ、あらすじを読んで気になり手にとりました。大沢先生にしては珍しく、ちょっと軽め?なハードボイルドサスペンスです。軽めとはいっても、さすがは大沢先生の作品なので、基本的な雰囲気の軸はしっかりとしています。そして何よりもやっぱり読みやすいのがいいですね。キャラもシンプルでわかりやすく立てており、主人公はもちろん、脇を固めるニューハーフの元ムエタイ選手や海兵隊あがりの女性兵士などなかなかのインパクトです。正直、途中からは話の流れはどうでもよくなり、気がつけば話が終わってしまっていました。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2020年02月17日
    116人がナイス!しています
  • 森シリーズでは無い。殺し屋達が闘うという伊坂幸太郎のアレに似ているが、緊張感、リアリティ、全て大沢の方が勝っている。コードネームが植物の双子(のような)殺し屋が、伊坂作品にもコレにも出てくるが、どっち 森シリーズでは無い。殺し屋達が闘うという伊坂幸太郎のアレに似ているが、緊張感、リアリティ、全て大沢の方が勝っている。コードネームが植物の双子(のような)殺し屋が、伊坂作品にもコレにも出てくるが、どっちがパクッたのだろう。伊坂の方が先だったとしても、大沢の方が内容が素晴しいので、盗作にはならない。筆名には著作権無かったが、キャラ名にも無かったよね。そもそも完全一致ではないので無問題。性転換するゲイの殺し屋も出てくるし、伊坂作品よりこっちの方が遥かに素晴しいざんす。 …続きを読む
    魔魔男爵
    2017年05月14日
    4人がナイス!しています
  • 頭の中で勝手にドラマ化。この展開、ありえない!けどもしかしたらありえるのかも知れない。なんて思わせちゃう大沢ハードボイルドやっぱり好きです。 頭の中で勝手にドラマ化。この展開、ありえない!けどもしかしたらありえるのかも知れない。なんて思わせちゃう大沢ハードボイルドやっぱり好きです。
    2011年10月25日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品