悪夢喰らい

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1985年10月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041626016

悪夢喰らい

  • 著者 夢枕 獏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1985年10月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041626016


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「悪夢喰らい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 夢枕獏氏の1984年刊行単行本を1985年に文庫化したもの。 短編が9篇収録されています。 2002年に角川ホラー文庫から再発売されているので、ホラー小説を期待して読んだのですが、読んでみると、ちょ 夢枕獏氏の1984年刊行単行本を1985年に文庫化したもの。 短編が9篇収録されています。 2002年に角川ホラー文庫から再発売されているので、ホラー小説を期待して読んだのですが、読んでみると、ちょっと違いました。現代を舞台にしていながら現代日本を感じさせない、民話のような、何とも不思議な感覚。日常からふっと非日常の世界に入り込んでしまう話でまとめられています。 時折、1980年代ホラー映画のスプラッター・ブームに影響されたような人体破壊描写が在るので、角川ホラー文庫から再発売されたんでしょうかね。 …続きを読む
    キー
    2019年09月13日
    11人がナイス!しています
  • どれも面白かったけど、「ことろの首」「中有洞」「骨董屋」「四畳半漂流記」あたりが特に好き。「ことろの首」は冒頭が上手くて引き込まれる。ラストに向かって高まっていった緊張感から一気に解放されるオチもなか どれも面白かったけど、「ことろの首」「中有洞」「骨董屋」「四畳半漂流記」あたりが特に好き。「ことろの首」は冒頭が上手くて引き込まれる。ラストに向かって高まっていった緊張感から一気に解放されるオチもなかなか。基本はホラーだけど全体的にSFっぽい作品が多く、「四畳半漂流記」は藤子F不二雄っぽい。 …続きを読む
    2016年08月02日
    10人がナイス!しています
  • 再読。怪奇物の短編集。気に入って昔よく読んだのを懐かしく思い出した。どこか滑稽な「鬼走り」と「ことろの首」が面白い。どの作品も真相がはっきりしないモヤモヤ感はホラーなので仕方無し。 再読。怪奇物の短編集。気に入って昔よく読んだのを懐かしく思い出した。どこか滑稽な「鬼走り」と「ことろの首」が面白い。どの作品も真相がはっきりしないモヤモヤ感はホラーなので仕方無し。
    kenpapa
    2019年04月24日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品