時刻表2万キロ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1984年11月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041598016

時刻表2万キロ

  • 著者 宮脇 俊三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1984年11月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041598016

当時会社員だった著者が週末を利用し、それまで乗っていなかった国鉄の路線・2万キロの完全乗車達成に挑んだ。三年もの歳月をかけ、時刻表を駆使しながら成し遂げた挑戦の記録。鉄道紀行の最高峰。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「時刻表2万キロ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幼少期から鉄道の時刻表に魅せられ、時にその時刻表に「乗りに」全国の国鉄路線に乗って来た。昭和五十二年、全線区の総キロ数は約2万キロ。全線区を乗り潰すことを決めた著者の死闘の記録。『最長片道切符の旅』を 幼少期から鉄道の時刻表に魅せられ、時にその時刻表に「乗りに」全国の国鉄路線に乗って来た。昭和五十二年、全線区の総キロ数は約2万キロ。全線区を乗り潰すことを決めた著者の死闘の記録。『最長片道切符の旅』を先に既読だったけど、あるべき、尊敬すべきオタクの姿と言える。1日数往復しかない線区に乗るべく、乗り継ぎの効率のため時刻表トリックめいたことをやってみたり、時刻表の全線区キロ数の総和と営業キロ数が異なるため不満を抱いたり、他人から見れば死ぬほどどうでもいいことを自分の満足のために徹底する姿は憧憬すら抱く。 …続きを読む
    TSUBASA
    2020年04月22日
    34人がナイス!しています
  • 国鉄全線2万キロ全てに乗った苦闘の記録。土日休みを使っい、日本の隅っこにある1日数往復しかないようなローカル線を乗り潰す。自然描写や人との触れ合い、鉄道運用の考察や乗り継ぎテクなど、要素がふんだんで味 国鉄全線2万キロ全てに乗った苦闘の記録。土日休みを使っい、日本の隅っこにある1日数往復しかないようなローカル線を乗り潰す。自然描写や人との触れ合い、鉄道運用の考察や乗り継ぎテクなど、要素がふんだんで味わいの多いレポだ。完乗を達成したときの感想がなかなか興味深く、胸に残る。著者の心に芽生えたのは達成感ではなく、虚無感だった。著者はそれを、定年退職や娘を嫁にやった気分にたとえている。旅は人生そのものと言うが、まさにその通りだ。 …続きを読む
    しき
    2020年07月28日
    30人がナイス!しています
  • <プレイバック 1978年> 時刻表愛読者の著者が、国鉄全線2万キロの完乗を目指した鉄道紀行文。そのユーモラスな文章と馬鹿げた情熱に、思わず引き込まれてしまう。私の年代では国鉄旅行というと、山口百恵の <プレイバック 1978年> 時刻表愛読者の著者が、国鉄全線2万キロの完乗を目指した鉄道紀行文。そのユーモラスな文章と馬鹿げた情熱に、思わず引き込まれてしまう。私の年代では国鉄旅行というと、山口百恵の「いい日旅立ち」を連想してしまうが、調べてみると同じく78年のヒット曲だった。忙しかった日常から離れ、ゆっくりと流れる車窓の風景に想いを馳せる。それは、当時の最高の贅沢でもあっただろうか。暮夜、時刻表を開いて次の計画を練り、あと〇キロ、累計〇%と計算する著者の楽しみは、私には充分すぎるほど理解できる気がする。 …続きを読む
    高橋 橘苑
    2016年12月18日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品