ルージュの伝言

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1984年05月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041580011

ルージュの伝言

  • 著者 松任谷 由実
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1984年05月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041580011

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ルージュの伝言」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松任谷由美の聞き取り本。筆者は山川健一。様々な歌詞と少しの写真。母親との対話がある。なかにし礼の話題ではじまる。映画「魔女の宅急便」で主題歌になった「ルージュの伝言」。松任谷由実の歌を理解する手助けに 松任谷由美の聞き取り本。筆者は山川健一。様々な歌詞と少しの写真。母親との対話がある。なかにし礼の話題ではじまる。映画「魔女の宅急便」で主題歌になった「ルージュの伝言」。松任谷由実の歌を理解する手助けになる。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2012年10月06日
    75人がナイス!しています
  • 少女の頃、デビューした頃、結婚、その後のアルバム作りなど。文庫版の初版が昭和59年となっているので約30年前くらいだろう。いきなり”私は天才です”で始まり掴まれた。けっこう早熟(という書き方は変かも) 少女の頃、デビューした頃、結婚、その後のアルバム作りなど。文庫版の初版が昭和59年となっているので約30年前くらいだろう。いきなり”私は天才です”で始まり掴まれた。けっこう早熟(という書き方は変かも)だったようだ。中学3年の時は地元のミュージシャン達と交流があったということはやっぱり音楽は出来上がる寸前だったのか。意外なのは自身のセックスについてズバリと感想が書かれていたこと、ざっくばらんな性格。面白いのはトレーニングウェアの宇宙人を見たそうだ。聞き書きは山川健一氏だった。 …続きを読む
    kinkin
    2016年08月18日
    69人がナイス!しています
  • ユーミンのエッセイは初読み。初版から30年経ってるので、さすがに時代の古さを感じさせるエッセイだった。ユーミンはまだ30代。松任谷になりたての頃かな?私がユーミンをよく聴いたのは荒井由実でアルファレコ ユーミンのエッセイは初読み。初版から30年経ってるので、さすがに時代の古さを感じさせるエッセイだった。ユーミンはまだ30代。松任谷になりたての頃かな?私がユーミンをよく聴いたのは荒井由実でアルファレコードの頃だったので、作中に出てくる歌詞の半分は口ずさめない有り様だった。ずっと聴き続けてこなかったのを後悔。洋楽にも詳しくないのでユーミンがどういう音楽に影響されたかあまり理解出来ないのにも後悔。お母さまとの対談が面白かった。ユーミンの人となりを知るのには良い一冊ですね。 …続きを読む
    赤い肉球
    2016年01月11日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品