ミステリーアンソロジー 密室殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1994年12月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041576168

ミステリーアンソロジー 密室殺人事件

  • 著者 黒崎 緑
  • 著者 折原 一
  • 著者 栗本 薫
  • 著者 黒崎 緑
  • 著者 清水 義範
  • 著者 法月 綸太郎
  • 著者 羽場 博行
  • 著者 連城 三紀彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1994年12月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041576168

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ミステリーアンソロジー 密室殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『洋書騒動』が割りと面白かったけど、全体的にちょっとイマイチな作品が多いかな。伊集院大介、黒星警部、法月綸太郎などシリーズ探偵が出てる作品はそれだけで上がる。『緑の扉は危険』は法月綸太郎の短編集で読ん 『洋書騒動』が割りと面白かったけど、全体的にちょっとイマイチな作品が多いかな。伊集院大介、黒星警部、法月綸太郎などシリーズ探偵が出てる作品はそれだけで上がる。『緑の扉は危険』は法月綸太郎の短編集で読んだときから好きな作品。あの図書館シリーズはもう書かないんだろうな~。あの二人の掛け合いとか面白くて好きだったんだけどな。 …続きを読む
    ホームズ
    2017年06月01日
    26人がナイス!しています
  • かなりひねりのないまんまなタイトルで、かなり有名な作家人が描く「密室」アンソロジー。結構読んだことある(ような気がする)作品が並んでたが、色んなバリエーションの密室があって楽しく読了。阿刀田、栗本、清 かなりひねりのないまんまなタイトルで、かなり有名な作家人が描く「密室」アンソロジー。結構読んだことある(ような気がする)作品が並んでたが、色んなバリエーションの密室があって楽しく読了。阿刀田、栗本、清水にはミステリーのイメージがあんまりなかったけど(勉強不足)、きちんとミステリーしてて面白かった。 …続きを読む
    ふう
    2016年06月02日
    4人がナイス!しています
  • スーツケースから高層ビルまで、様々な「密室」を扱った8作品のアンソロジー。 ミステリーの定番ではあるけれど、「出入りが不可能」という切り口でいろいろなパターンがありそれぞれ面白く読めました。個人的には スーツケースから高層ビルまで、様々な「密室」を扱った8作品のアンソロジー。 ミステリーの定番ではあるけれど、「出入りが不可能」という切り口でいろいろなパターンがありそれぞれ面白く読めました。個人的には、ポーの「モルグ街の殺人」をそのまんま扱っている清水義範の作品が「これもありなんだ」という感じで面白かった。ポーも読み直してしまった。 …続きを読む
    Hiromi Makita
    2014年08月16日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品