• 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041500392

  • 著者 栗本 薫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041500392


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 念願のマイホームを手にいれたことから、妻であり母である彼女に降りかかる悲劇の物語。結構不気味でした。徐々に違和感が広がっていき、そして・・・。本当に狂っているのは誰か、って感じでした。 念願のマイホームを手にいれたことから、妻であり母である彼女に降りかかる悲劇の物語。結構不気味でした。徐々に違和感が広がっていき、そして・・・。本当に狂っているのは誰か、って感じでした。
    そのぼん
    2013年07月13日
    32人がナイス!しています
  • 念願のマイホームを手に入れた規子でしたが、引越し早々何やら怪しい気配を感じて・・。長年の夢が叶い幸せいっぱいの生活をおくるはずだったのに、奇妙な現象が激しくなっていくにつれて何かがずれていくように感じ 念願のマイホームを手に入れた規子でしたが、引越し早々何やら怪しい気配を感じて・・。長年の夢が叶い幸せいっぱいの生活をおくるはずだったのに、奇妙な現象が激しくなっていくにつれて何かがずれていくように感じました。私は何よりも身体が弱かった息子への溺愛ぶりがちょっと気持ち悪かったです。怖いというよりも不気味さを感じた話でした。★★★ …続きを読む
    うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)
    2010年07月27日
    10人がナイス!しています
  • 家を持つことが、どれだけ待ち望んだことかが分からない人には、 本書がなぜ恐怖小説かは理解できないかもしれない。 賃貸集合住宅、分譲集合住宅であるアパートやマンションで暮らして、公私の区別のない生活で 家を持つことが、どれだけ待ち望んだことかが分からない人には、 本書がなぜ恐怖小説かは理解できないかもしれない。 賃貸集合住宅、分譲集合住宅であるアパートやマンションで暮らして、公私の区別のない生活での圧迫感から解放されて自分の家が持てる。 どんなに嬉しいかというのと同時に、どうしても落ち着かないもう一人の自分がいることに気が付く人がたまにいるかもしれない。 家を持てた幸せの絶頂で,有頂天になって居続けることができる人は幸せだろう。家族が家を持てた幸せを共有してくれれば,怖い思いはしなかったのだろう。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2012年09月13日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品