仮面のマドンナ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1987年05月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041494097

仮面のマドンナ

  • 著者 小池 真理子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1987年05月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041494097


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「仮面のマドンナ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ある意味恐怖小説。 話ができないもどかしさが伝わってくる。 最初に筆談した相手がよくなかったかも。 いらいらが募る。 エピソードもあとがきも納得できない。 どうしても幸せな終わりの物語が好き ある意味恐怖小説。 話ができないもどかしさが伝わってくる。 最初に筆談した相手がよくなかったかも。 いらいらが募る。 エピソードもあとがきも納得できない。 どうしても幸せな終わりの物語が好きな自分を発見する。 文学は、自分の期待通りにならないことを経験するのにはいいかも。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2015年07月19日
    61人がナイス!しています
  • 著者が設定した世界の悪辣さに吐き気を覚えながらも読むのをやめられない。この作品にはそんな悪魔的魅力があると思う。 著者が設定した世界の悪辣さに吐き気を覚えながらも読むのをやめられない。この作品にはそんな悪魔的魅力があると思う。
    佐島楓@執筆中
    2015年12月31日
    39人がナイス!しています
  • 親元を離れ充実した生活を送っていた主人公に母親から縁談話が舞い込むのだが、全く乗る気の無い彼女は断わるでもなく、ひと芝居打つ事を思い付いつく‥ だがその事が自身を破滅!?へと導くスイッチになろうとは。 親元を離れ充実した生活を送っていた主人公に母親から縁談話が舞い込むのだが、全く乗る気の無い彼女は断わるでもなく、ひと芝居打つ事を思い付いつく‥ だがその事が自身を破滅!?へと導くスイッチになろうとは。。本作の面白い所は一見自業自得な悲劇には違わないが、角度を変えれば自身に損をさせない変形型セレブストーリーでもあるという皮肉さ(๑¯ω¯๑) …続きを読む
    Yu。
    2018年12月15日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

小池 真理子(こいけ まりこ)

1952年東京生まれ。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で第42回日本推理作家協会賞(短編および短編集部門)、96年「恋」で第114回直木賞、98年「欲望」で第5回島清恋愛文学賞、2006年「虹の彼方」で第19回柴田錬三郎賞、12年「無花果の森」で第62回芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)、13年「沈黙のひと」で第47回吉川栄治文学賞を受賞。「無伴奏」「存在の美しい哀しみ」「怪談」「千日のマリア」「モンローが死んだ日」など著書多数。

最近チェックした商品