試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1988年05月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041478059

僕って何

  • 著者 三田 誠広
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1988年05月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041478059


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕って何」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1977年上半期芥川賞受賞作。タイトルは、何というナイーヴでプリミティフな問いかけだろう。これでは、思春期前期の問いではないか。読む前は、このタイトルからノンポリ学生の傍観者的な手記のようなものを想像 1977年上半期芥川賞受賞作。タイトルは、何というナイーヴでプリミティフな問いかけだろう。これでは、思春期前期の問いではないか。読む前は、このタイトルからノンポリ学生の傍観者的な手記のようなものを想像していた。小説の冒頭はそんな風に始まるが、それ以降はなかなかに緊迫感に満ちた展開だ。あくまでもフィクションだが、読者もまた早稲田闘争の渦中にいるかのごとき臨場感に包まれる。たしかに甘いのだが(恋を絡めるからよけいに)「僕」の抱える煩悶は時代の抱えた状況をよく伝えている。ただし、エンディングは再びの幼児退行だ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2014年02月11日
    144人がナイス!しています
  • 本作品も高校時代に読んだ。主人公の僕は受験勉強に明け暮れ地方から大学に入学する。家族と別れ大学生活を送るがそのときにどの組織にも属さない自分の孤独さに気がつく。そんな孤独さを埋めるために学生運動に引き 本作品も高校時代に読んだ。主人公の僕は受験勉強に明け暮れ地方から大学に入学する。家族と別れ大学生活を送るがそのときにどの組織にも属さない自分の孤独さに気がつく。そんな孤独さを埋めるために学生運動に引き込まれる。思想の違いに戸惑いながらズルズルと。そんな生活の中で少しづつ自覚が芽生えよちよち歩きだが自ら歩み出す。まだまだ僕はだらしなく危ういが何故か共感してしまう。ラストは全く記憶になかったが母親と恋人のふたりの女性のしたたかさと逞しさに脱帽した。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2017年01月19日
    112人がナイス!しています
  • 名前は三田なのに早大卒。学生運動に引き込まれたナイーブな男の子の物語。思想とかどうでもよく、ただ独りが寂しくて誰かと繋がりが欲しいだけ。組織内で彼女ができたら今度は指導者や女が対等に見てくれないという 名前は三田なのに早大卒。学生運動に引き込まれたナイーブな男の子の物語。思想とかどうでもよく、ただ独りが寂しくて誰かと繋がりが欲しいだけ。組織内で彼女ができたら今度は指導者や女が対等に見てくれないという幼稚な不満から別組織へ変節。何のポリシーも無いから結局は同じ事の繰り返し。育ちの良さゆえの共感力と高い自尊心が逆効果。デモが賛美されている今こそ改めて読むべき一冊かもしれない。熱意を全否定はしないけど、正直若い学生には路上で群れて理想論を叫ぶよりも地味で孤独な勉強や労働から現実的な答えを導き出して欲しいです。 …続きを読む
    Y2K☮
    2015年10月10日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品