君らの魂を悪魔に売りつけよ 新青年傑作選

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1977年07月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041434017

君らの魂を悪魔に売りつけよ 新青年傑作選

  • 著者 高木 彬光
  • 著者 佐藤 春夫
  • 著者 大下 宇陀児
  • 著者 木々 高太郎
  • 著者 角田 喜久雄
  • 編者 中島 河太郎
  • 著者 石浜 金作
  • 著者 浜尾 四郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1977年07月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041434017


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「君らの魂を悪魔に売りつけよ 新青年傑作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『君らの狂気で死を孕ませよ』に続いて二冊目の新青年傑作集。前回のは猟奇的な犯罪など幻想的なもの。今回のは犯罪心理に重点を置いたものが多かった。やっぱりお目当の横溝正史『蔵の中』は素晴らしかった。全然知 『君らの狂気で死を孕ませよ』に続いて二冊目の新青年傑作集。前回のは猟奇的な犯罪など幻想的なもの。今回のは犯罪心理に重点を置いたものが多かった。やっぱりお目当の横溝正史『蔵の中』は素晴らしかった。全然知らない作家だったけど大下宇陀児『烙印』も、最初は取り返しのつく小さな犯罪だったのにどんどん罪を重ねていく主人公の心理描写がリアルで良かった。木々高太郎、佐藤春夫も読めて満足。戦前の作品が多く、やっぱこの時代の言葉遣いと外国ちっくな背景は洒落ている。日本の探偵小説の礎を築いた新青年。実物の雑誌の方も見てみたい。 …続きを読む
    kiyoka
    2018年08月07日
    40人がナイス!しています
  • 日本の推理小説の礎を築いた推理雑誌「新青年」から選出された短編傑作選。横溝正史、高木彬光、佐藤春夫の作品を目当てに拝読したが、あまり印象に残るものがない・・・。一番の目当てだった横溝正史の『蔵の中』は 日本の推理小説の礎を築いた推理雑誌「新青年」から選出された短編傑作選。横溝正史、高木彬光、佐藤春夫の作品を目当てに拝読したが、あまり印象に残るものがない・・・。一番の目当てだった横溝正史の『蔵の中』は、江戸川乱歩の『人間椅子』の多重構造性をさらに掘り下げた意外な”仕掛け”のある短編だが、おおむね耽美主義と退廃主義に傾いており、『人間椅子』に追いつかんとしてやや失敗している気もする。すんません、わからなかった・・・。 …続きを読む
    大泉宗一郎
    2018年11月11日
    10人がナイス!しています
  • 大正・昭和初期の推理探偵小説アンソロジー。8編が収録されているが、やはり横溝正史の「蔵の中」が郡を抜いた出来栄え。 巻末の解説「「新青年」の歴史と編集者」の資料価値が高く、 大正・昭和初期の推理探偵小説アンソロジー。8編が収録されているが、やはり横溝正史の「蔵の中」が郡を抜いた出来栄え。 巻末の解説「「新青年」の歴史と編集者」の資料価値が高く、 多くの新人作家を生み出したこの雑誌の大衆文学史上の意義をあらためて思い知る。 横溝のデビューが乱歩より早かったとは知らなかった。 …続きを読む
    eazy
    2002年04月15日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品