辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1979年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041310137

辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件

  • 著者 城山 三郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1979年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041310137

足尾銅山の資本家の言うまま、渡良瀬川流域谷中村を鉱毒の遊水池にする国の計画が強行された! 日本最初の公害問題に激しく抵抗した田中正造の泥まみれの生きざまを描く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 素晴らしい。この作品によって、田中正造の名は広く世に知らしめられたという。日本初の公害事件と、当時の時流が重なったときでもあったろう。しかし遅い。遅すぎるといってもいいくらいだ。鉱毒事件で苦しまれた方 素晴らしい。この作品によって、田中正造の名は広く世に知らしめられたという。日本初の公害事件と、当時の時流が重なったときでもあったろう。しかし遅い。遅すぎるといってもいいくらいだ。鉱毒事件で苦しまれた方々は、その頃には、大半がもうこの世にいらっしゃらなかっただろうから。それでもこの小説は、正義のために生き、死することの意味を問いかける。果たしてどう生きるのが正しいのだろう? …続きを読む
    佐島楓
    2015年12月28日
    66人がナイス!しています
  • 足尾銅山復習2冊目。足尾銅山鉱毒事件に生涯をかけた田中正造の物語だが、本書では鉱毒問題は終わっている。渡良瀬川の治水対策として谷中村が遊水地として水没させられることが決定。正造の必死の闘争が続くが村民 足尾銅山復習2冊目。足尾銅山鉱毒事件に生涯をかけた田中正造の物語だが、本書では鉱毒問題は終わっている。渡良瀬川の治水対策として谷中村が遊水地として水没させられることが決定。正造の必死の闘争が続くが村民からはありがた迷惑という様子。中盤で正造が志半ばに亡くなってからは村民の覚悟は固まる。と言うより長い訴訟の間に訴訟への興味を失い、ただ生きるために生活を送る村民が見える。明治大正時代に一応まともな裁判をしていたことにも驚く。住民側に有利な判決を出した判事が左遷させられる程度。今の途上国より全然ちゃんとしてる。 …続きを読む
    Akihiro Nishio
    2018年08月02日
    23人がナイス!しています
  • 「足尾銅山鉱毒事件」「直訴」のキーワードしか知らない田中正造氏について知りたいと思い、読了。小説の舞台は、衆議院議員を辞められた後。そのため、議員としての活動内容や、そもそもの鉱毒事件の背景はよくわか 「足尾銅山鉱毒事件」「直訴」のキーワードしか知らない田中正造氏について知りたいと思い、読了。小説の舞台は、衆議院議員を辞められた後。そのため、議員としての活動内容や、そもそもの鉱毒事件の背景はよくわかりませんでしたが、全てを投げうち、情熱を持って鉱毒問題に取り組まれている姿を見て、とても真似できないと思いました。 …続きを読む
    こぺたろう
    2018年12月22日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品