角川文庫

銀河鉄道の夜

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1969年07月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041040034
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

銀河鉄道の夜

  • 著者 宮沢 賢治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1969年07月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041040034

漁に出たまま不在がちの父と病がちな母を持つジョバンニは、暮らしを支えるため、学校が終わると働きに出ていた。そんな彼にカムパネルラだけが優しかった。ある夜二人は、銀河鉄道に乗り幻想の旅に出た――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「銀河鉄道の夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ジョバンニとカムパネルラ。 銀河を望遠鏡で見ると星がたくさんある。 銀河ステーションから列車が出る。 最後に、もとの丘の草の中につかれてねむっていたジョバンニ。 未完ということなので分かりにくいのは ジョバンニとカムパネルラ。 銀河を望遠鏡で見ると星がたくさんある。 銀河ステーションから列車が出る。 最後に、もとの丘の草の中につかれてねむっていたジョバンニ。 未完ということなので分かりにくいのは仕方ない。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年05月02日
    180人がナイス!しています
  • 解説にある「過透明なかなしみ」という表現が本当にぴったり。すべての言葉がどこまでも透き通り、美しい青や緑や赤い光が心の中に染みてくる。あまりにも美しいものはどこかかなしい予感を含んでいて、でもかなしい 解説にある「過透明なかなしみ」という表現が本当にぴったり。すべての言葉がどこまでも透き通り、美しい青や緑や赤い光が心の中に染みてくる。あまりにも美しいものはどこかかなしい予感を含んでいて、でもかなしいけれど本当に美しいのでその気持ちがすうっと浄化されていく。 銀河鉄道の夜、おきなぐさ、十力の金剛石の世界がきらきらと美しくて、いつまでも漂っていたくてとても好き。 一番印象的だったのは貝の火かな。善行を行いお礼をもらったのにそのお礼の品に試され理不尽な罰を受けてしまう子兎のホモイにお父さんがかける言葉が凄い。 …続きを読む
    ちなぽむ
    2018年07月08日
    155人がナイス!しています
  • 2016年538冊め。『銀河鉄道の夜』はこれまで何度も読んでいるが、何度読んでも自分の行く途を察してしまっているカムパネルラに切なさが募る。文庫全体として、仏教でもありキリスト教的な雰囲気もある賢治独 2016年538冊め。『銀河鉄道の夜』はこれまで何度も読んでいるが、何度読んでも自分の行く途を察してしまっているカムパネルラに切なさが募る。文庫全体として、仏教でもありキリスト教的な雰囲気もある賢治独特の宗教的雰囲気を感じる編になっている。そして植物と星の描写の美しさが際立つ。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年07月10日
    117人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品