人生論

人生論

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1968年01月29日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041004203
label

人生論

  • 著者 武者小路 実篤
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
1968年01月29日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041004203

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「人生論」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この星になぜ生まれ、どう捉えて生きていくのか。なぜ自然を愛し人を愛さないのか。深い言葉、深い心。我らがここに存在しているのはただ運が良かっただけかもしれない。人生論を語る。喉が渇くと水を欲するが潤えば この星になぜ生まれ、どう捉えて生きていくのか。なぜ自然を愛し人を愛さないのか。深い言葉、深い心。我らがここに存在しているのはただ運が良かっただけかもしれない。人生論を語る。喉が渇くと水を欲するが潤えばすぐに忘れる。欲は限りがない。充分であっても求め続ける。道徳心を高めることはかえって今の世では成功しない。しかし必ず時代は変わる。道徳は法律ではない。人間が進歩できたのは相互が心を伝えあい、他者からの教えを残らず受けとめたからである。私たちに与えられたのは未来である。自らがやるべきことをやり、ただ待てばいい。 …続きを読む
    やすらぎ
    2022年09月02日
    176人がナイス!しています
  • 自然の意志、美、そして、実篤。思想がふんだんにあって、面白い。 自然の意志、美、そして、実篤。思想がふんだんにあって、面白い。
    YJ
    2014年10月16日
    2人がナイス!しています
  • この本を読むと、いかに自分の視野が狭かったかが分かる。 自分が存在するまでのすごい確率を考えた上で自分が存在しない方が当たり前のような、今ここにこうして生きている自分が半透明になったような、不思議な気 この本を読むと、いかに自分の視野が狭かったかが分かる。 自分が存在するまでのすごい確率を考えた上で自分が存在しない方が当たり前のような、今ここにこうして生きている自分が半透明になったような、不思議な気持ちになる。 そう思うと、何故だか息がしやすくなったように感じる。 自然が生かそうとしているのだから、そう作ったのだから仕方がない、と肩の荷が降りるような心地になる。 そして、自分が人生をかけて注ぎ込める仕事に出会えているのか、自分が死んだ後の未来につなげていけるのか、今一度見直したい。 …続きを読む
    まんまる
    2022年12月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品