トピックス

子育てや子どもとの接し方に迷い、反省してしまうすべての大人におくる『児童精神科の看護師が伝える 子どもの傷つきやすいこころの守りかた』2023年11月22日(水)発売!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛)は、2023年11月22日(水)、思春期までの子を持つ親や子どもとかかわる仕事に就く人に向けて『児童精神科の看護師が伝える 子どもの傷つきやすいこころの守りかた』(著者:こど看)を発売いたしました。



「大人の不機嫌」で、子どもを無理やりいい子にさせていませんか?
そう問われると、ドキッとする方も多いのではないでしょうか。
「児童精神科の病棟看護師」として、児童精神科に入院する子どもたちと誰よりも長く接している著者。
子どもとつねに一緒にいる立場だからこそわかる、子どもの心の傷つきやすさと、傷ついてしまったあとの影響の大きさ――。
「子どもが話を聞かないのは、大人が子どもの話を聞かないから」「忘れ物を責めても意味がないわけ」「子どもへの怒りの背景は過度な期待?」など、親や子どもにかかわる職業に就く人なら心あたりがあり、そして気になる内容ばかり。けっして珍しくない、自傷行為や子どもの「死にたい」にどう対処するかといった踏み込んだテーマまで対応。親(大人)自身の心の守り方も掲載し、子どもと大人、両方にやさしく寄り添う一冊です。



子どもと接するときの最強キーワードは、「おすしさいこうかよ」!
おびやかさない
すぐに助言しない
しっせき(叱責)しない
さいご(最後)まで話を聞く
いこう(意向)を軽視しない
こどもが使う言葉を使う
うたがわずにいったん信じる
かんじょう(感情)を否定しない
よけい(余計)なひとことを言わない



<もくじ>
はじめに
【Chapter1】子どもが「安心感・自己肯定感」を持つためには
【Chapter2】「話す」より実は大事な「聞く・見守る」
【Chapter3】子どもとのコミュニケーションをおざなりにしないで
【Chapter4】子どものこころを守るために知っておきたいこと
【Chapter5】大人のこころだって守らないといけない
おわりに

<書誌情報>
書名:児童精神科の看護師が伝える 子どもの傷つきやすいこころの守りかた
著者:こど看
発売日:2023年11月22日(水)※電子書籍同日配信予定
定価:1,540円(本体1,400円+税)
体裁:四六判並製/192頁
ISBN:978-4-04-606536-0
発行:株式会社KADOKAWA

KADOKAWAオフィシャル 書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322306001035/

<著者プロフィール>
こど看(こどかん)


精神科認定看護師。精神科単科の病院の児童思春期精神科病棟に10年以上勤める。現在も看護師として病棟勤務しながら、「子どもとのかかわりを豊かにするための考え方」をSNS等で精力的に発信中。メンタル系YouTuberの会所属。一児の父。
X(Twitter)・YouTube:@kodokanchildpsy