すまん! クラスで人気の文学少女がスカートを短くしたのはオレのせいだ

すまん! クラスで人気の文学少女がスカートを短くしたのはオレのせいだ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年05月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784040755052
label

すまん! クラスで人気の文学少女がスカートを短くしたのはオレのせいだ

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年05月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784040755052

清楚な女の子がスカートを短くしたのは俺のせいだ

清楚な文学少女が大胆に垢抜けしてアプローチしてくる甘々ギャップラブコメ、開幕!

古典的な服装と清楚で純粋な振る舞いによってクラスで絶大な人気を誇る文学少女・古川葉桜。一方で、気怠げで軽薄そうな見た目から「女を殴ってそうな男」としてクラスで避けられている俺には関係ないと思っていたのだが「理比斗くんが私をオトナにしてくれました!」今までと真逆な姿になった葉桜の一言により状況は一変した!
「理比斗くんはオシャレでカッコいいですし、他人を気にせず自分を貫き通しています……私の憧れるオトナそのものです!」俺のアドバイスで垢抜けた姿を恥じらいながらも、『皆みたいに恋愛したい』と俺に大胆なアプローチを繰り返す葉桜。更に彼女との仲が深まるにつれクラスにおける俺の扱いも変わってきて!?
清楚な文学少女が大胆に垢抜けしてアプローチしてくる甘々ギャップラブコメ、開幕!

古典的な服装と清楚で純粋な振る舞いによってクラスで絶大な人気を誇る文学少女・古川葉桜。一方で、気怠げで軽薄そうな見た目から「女を殴ってそうな男」としてクラスで避けられている俺には関係ないと思っていたのだが「理比斗くんが私をオトナにしてくれました!」今までと真逆な姿になった葉桜の一言により状況は一変した!
「理比斗くんはオシャレでカッコいいですし、他人を気にせず自分を貫き通しています……私の憧れるオトナそのものです!」俺のアドバイスで垢抜けた姿を恥じらいながらも、『皆みたいに恋愛したい』と俺に大胆なアプローチを繰り返す葉桜。更に彼女との仲が深まるにつれクラスにおける俺の扱いも変わってきて!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「すまん! クラスで人気の文学少女がスカートを短くしたのはオレのせいだ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【BW】「女殴ってそう」だけど実はごく普通の一般人(DT)の理比斗、見た目は典型的な「文学少女」だけど実はオトナになりたい元気な葉桜、「人気ギャル」だけどそれは手段という真唯。そんな三人によるドタバタコメ 【BW】「女殴ってそう」だけど実はごく普通の一般人(DT)の理比斗、見た目は典型的な「文学少女」だけど実はオトナになりたい元気な葉桜、「人気ギャル」だけどそれは手段という真唯。そんな三人によるドタバタコメディでした。葉桜が暴走気味に理比斗を振り回す様子がとても可愛くて、彼女の無茶振りに丁寧に答える理比斗には好感が持てますね。そして二人と適切な距離感でフォローする真唯の役どころも良かった。女殴ってそうな男からスタイリッシュ童貞へとクラスチェンジした理比斗はこれから自分をどう変えていくのか。続きが楽しみです。 …続きを読む
    芳樹
    2024年05月20日
    28人がナイス!しています
  • 古典的な服装と清楚で純粋な振る舞いにより、クラスで絶大な人気を誇る文学少女・古川葉桜。そんな彼女が大胆に垢抜けしてアプローチしてくる甘々ギャップラブコメ。見た目から女を殴ってそうな男としてクラスで避け 古典的な服装と清楚で純粋な振る舞いにより、クラスで絶大な人気を誇る文学少女・古川葉桜。そんな彼女が大胆に垢抜けしてアプローチしてくる甘々ギャップラブコメ。見た目から女を殴ってそうな男としてクラスで避けられる筧理比斗のアドバイスを受けて、内心変わりたいと思っていた葉桜が果たした劇的な変化。天然で意味深っぽい発言をする葉桜と、イメージで語られがちな理比斗の関係は誤解が加速する中、JKインフルエンサーひめマユも絡むようになって、自身の誤解を解くことを諦めている彼のために奔走する葉桜たちの頑張りが良かったですね。 …続きを読む
    よっち
    2024年05月19日
    26人がナイス!しています
  • 本人はごく普通のモブなのに、何故か屑と誤解されている少年の何気ない一言によりクラスで人気の文学少女がイメチェンをして始まる物語。―――植え付けられたレッテル、覆すのはヒトの縁。 始まりが割と絶望的、もは 本人はごく普通のモブなのに、何故か屑と誤解されている少年の何気ない一言によりクラスで人気の文学少女がイメチェンをして始まる物語。―――植え付けられたレッテル、覆すのはヒトの縁。 始まりが割と絶望的、もはや擦り切れた諦念を見せつける中で少女の言葉で全てが変わっていく物語であり、真っ直ぐな思いが新たな変化を引き出していく、ビターだからこそ輝きが際立つ物語である。確かに導き出した変化、それは確かな一歩前進。嫌われ者から一歩踏み出した少年は、今度はどんな変化をしていくのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 …続きを読む
    真白優樹
    2024年05月24日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品