男女の力と貞操が逆転した異世界で、誰もが俺を求めてくる件

男女の力と貞操が逆転した異世界で、誰もが俺を求めてくる件

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年05月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784040754567
label

男女の力と貞操が逆転した異世界で、誰もが俺を求めてくる件

  • 著者 タジリ ユウ
  • イラスト さなだ ケイスイ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年05月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784040754567

貞操逆転異世界で、貴重な回復魔法を使える俺は女性にモテまくる!?

「そちらの胸を隠してください!」
「女である私の胸などどうでもいいだろう!?」
スライムに服を溶かされた男の俺を見て、躊躇なく自分の着ていた服を脱いで渡してくる女冒険者のエルミー。
俺が転生したのはゴブリンやオーク、女盗賊さえも狙うのは女ではなく男という、貞操が逆転した異世界だった。この世界の常識を知らない転生者の俺は、無自覚に女性たちの好感度を上げていき!? 
さらには唯一回復魔法を使える職業『治療士』の最上位職『聖男』ということがわかり――。高ランク冒険者たちだけでなく、女王からも言い寄られることに!? 
貞操逆転世界で求められまくるファンタジー!
「そちらの胸を隠してください!」
「女である私の胸などどうでもいいだろう!?」
スライムに服を溶かされた男の俺を見て、躊躇なく自分の着ていた服を脱いで渡してくる女冒険者のエルミー。
俺が転生したのはゴブリンやオーク、女盗賊さえも狙うのは女ではなく男という、貞操が逆転した異世界だった。この世界の常識を知らない転生者の俺は、無自覚に女性たちの好感度を上げていき!? 
さらには唯一回復魔法を使える職業『治療士』の最上位職『聖男』ということがわかり――。高ランク冒険者たちだけでなく、女王からも言い寄られることに!? 
貞操逆転世界で求められまくるファンタジー!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「男女の力と貞操が逆転した異世界で、誰もが俺を求めてくる件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • トラックに跳ねられて異世界転生したソーマ。男女比が1:3で力も男女の貞操概念も逆転した世界で、貴重な回復魔法を使える回復職として注目を集めていくファンタジー。転生したのはゴブリンやオーク、女盗賊さえも狙 トラックに跳ねられて異世界転生したソーマ。男女比が1:3で力も男女の貞操概念も逆転した世界で、貴重な回復魔法を使える回復職として注目を集めていくファンタジー。転生したのはゴブリンやオーク、女盗賊さえも狙うのは男という貞操が逆転した異世界。さらには唯一回復魔法を使える職業『治療士』の最上位職『聖男』と判明し、それより下の『男巫』として治癒に努めて注目されてゆくソーマ。女王に請われて王女の解毒をしたり、騒動に巻き込まれる展開はテンポも良くて、好感度を上げていく周囲のヒロインたちとの関係が気になるところですね。 …続きを読む
    よっち
    2024年05月19日
    26人がナイス!しています
  • トラックに撥ねられ貞操と力が逆転した異世界に転生した少年が、唯一回復魔法を使える治療士として頑張る物語。―――飢えたこの世界で、その優しさは時に毒? 生来の優しさで周囲の心をつかみながら、治療士として人 トラックに撥ねられ貞操と力が逆転した異世界に転生した少年が、唯一回復魔法を使える治療士として頑張る物語。―――飢えたこの世界で、その優しさは時に毒? 生来の優しさで周囲の心をつかみながら、治療士として人を助けていく、貞操逆転ものの面白さがこれでもかと詰め込まれている作品である。始まったばかりの異世界生活。彼を慕う女性達にも囲まれていく中、どんどん受け入れられつつある彼はどんな女性と今度は出会うのか。そして、少年の得たジョブは今後は何処まで進化していくのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 …続きを読む
    真白優樹
    2024年05月17日
    12人がナイス!しています
  • あまりも男に都合の良い異世界に転移した少年が、さらに回復魔法まで使いこなせることで、女性から求められまくる生活を送ることに。男女1:3なら一夫多妻で何とかなりそうな気もしないでもないけど、回復系の能力を あまりも男に都合の良い異世界に転移した少年が、さらに回復魔法まで使いこなせることで、女性から求められまくる生活を送ることに。男女1:3なら一夫多妻で何とかなりそうな気もしないでもないけど、回復系の能力を男しか使えないのはかなりデカいか。役割だけではなくて感性まで現実とは真逆というのは中々独特な設定だったと思う。おしとやかで優しく包み込む男らしさ。…男らしさって難しいなぁ。元の感性が残っている状態でこれだけ女性から求められたら耐えられなさそうだけど、どこまで粘れるのか。 …続きを読む
    リク@ぼっち党員
    2024年05月22日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品