怠惰な悪辱貴族に転生した俺、シナリオをぶっ壊したら規格外の魔力で最凶になった

怠惰な悪辱貴族に転生した俺、シナリオをぶっ壊したら規格外の魔力で最凶になった

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月29日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784041147702
label

怠惰な悪辱貴族に転生した俺、シナリオをぶっ壊したら規格外の魔力で最凶になった

  • 著者 菊池 快晴
  • イラスト 桑島 黎音
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月29日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784041147702

破滅回避してたらいつの間にか――世界最強

大好きな学園ゲームの凌辱悪役貴族ヴァイス・ファンセントに転生した俺。え、このままだと主人公に悪事を暴露され全てを失ったあと、最期は魔王の手下となって破滅エンド!? それなら圧倒的な力を身につけて破滅ルートを回避するしかない!! 入学試験まで時間がない俺はS級冒険者ミルク・アビタスから剣術と魔法を学び、血の滲むような努力の日々を重ねる。数年後、入学試験で全属性魔法と創造魔法を披露したら周りが呆然とする事態に。あれ、俺、なんかやっちゃいました!? これは怠惰で悪逆非道な貴族に転生した俺が破滅フラグをぶっ壊すために努力で最凶へと至る異世界学園ファンタジー。 大好きな学園ゲームの凌辱悪役貴族ヴァイス・ファンセントに転生した俺。え、このままだと主人公に悪事を暴露され全てを失ったあと、最期は魔王の手下となって破滅エンド!? それなら圧倒的な力を身につけて破滅ルートを回避するしかない!! 入学試験まで時間がない俺はS級冒険者ミルク・アビタスから剣術と魔法を学び、血の滲むような努力の日々を重ねる。数年後、入学試験で全属性魔法と創造魔法を披露したら周りが呆然とする事態に。あれ、俺、なんかやっちゃいました!? これは怠惰で悪逆非道な貴族に転生した俺が破滅フラグをぶっ壊すために努力で最凶へと至る異世界学園ファンタジー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「怠惰な悪辱貴族に転生した俺、シナリオをぶっ壊したら規格外の魔力で最凶になった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 学園ゲームの凌辱悪役貴族ヴァイス・ファンセントに転生した主人公が、破滅エンドを回避するために圧倒的な力を身につけるべく奮闘する異世界学園ファンタジー。分岐点となる入学試験の結果を変えるため、悔い改めて 学園ゲームの凌辱悪役貴族ヴァイス・ファンセントに転生した主人公が、破滅エンドを回避するために圧倒的な力を身につけるべく奮闘する異世界学園ファンタジー。分岐点となる入学試験の結果を変えるため、悔い改めて周囲に謝罪し、S級冒険者ミルクから剣術と魔法を学んで、血の滲むような努力の日々を重ねたヴァイス。結果として想定以上の力を身につけてメイドのリリスや貴族令嬢シンティアとともに注目を集める彼が、実力主義の学園で本来の主人公アレンをライバルとしてお互い意識する一方、脅威には共闘する熱い展開はなかなか面白かったです。 …続きを読む
    よっち
    2024年03月29日
    32人がナイス!しています
  • ふと気がつくとゲーム世界の悪役になっていた主人公。 そこからの改心(というか別人)、修行パート、そして周囲の評価が上がるというある種テンプレの悪役貴族転生の流れは、逆に久々に読んだかもしれません。 序盤 ふと気がつくとゲーム世界の悪役になっていた主人公。 そこからの改心(というか別人)、修行パート、そして周囲の評価が上がるというある種テンプレの悪役貴族転生の流れは、逆に久々に読んだかもしれません。 序盤は少しチョロイン過ぎたりと思うところもあったりしたものの、そのあとの展開のために必要でしたね。 中盤から主人公の二面性とシナリオ改変が出てくる辺りからスイッチが入る印象で、どんどんと面白さが増していきました。 後半の盛り上がりも熱い、面白い作品でした、2巻も楽しみです。 …続きを読む
    和尚
    2024年04月04日
    14人がナイス!しています
  • 大人気ファンタジーゲームの悪役に転生してしまい、生き残るために努力を始め最凶の力を身に着けていく物語。―――見つけ出せ、憧れの先に生き残る道を。 王道に忠実、そして群像劇的な風味もあるファンタジーであり 大人気ファンタジーゲームの悪役に転生してしまい、生き残るために努力を始め最凶の力を身に着けていく物語。―――見つけ出せ、憧れの先に生き残る道を。 王道に忠実、そして群像劇的な風味もあるファンタジーであり、様々な登場人物の思いが廻る中、崩壊していくシナリオを楽しんでいく物語であり、楽しむからこそ魅力がある物語である。全く誰も知らぬ未知が始まる中、その先に探すのは終着点の先。きっと終わりは変わらないと予想する中、どんどん崩壊していくシナリオはどんな変化を生んでいくのか。 次巻も勿論楽しみである。 …続きを読む
    真白優樹
    2024年03月29日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品