あした、裸足でこい。5

あした、裸足でこい。5

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年04月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049155983
label

あした、裸足でこい。5

  • 著者 岬 鷺宮
  • イラスト Hiten
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年04月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049155983

駆け抜けた青春の果てに待つ「あした」は――。

 ようやく辿り着いた、隣に二斗がいる未来。あれほど強く望んだのに、なぜかここには『彼女』だけがいない。
 誰もが笑顔でいられる、そんなハッピーエンドを目指して。巡と二斗は、最後のタイムリープに飛び込んでいく――。
 シリーズ完結! 駆け抜けたやり直しの果て、巡たちを待つ「あした」は。
 ようやく辿り着いた、隣に二斗がいる未来。あれほど強く望んだのに、なぜかここには『彼女』だけがいない。
 誰もが笑顔でいられる、そんなハッピーエンドを目指して。巡と二斗は、最後のタイムリープに飛び込んでいく――。
 シリーズ完結! 駆け抜けたやり直しの果て、巡たちを待つ「あした」は。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「あした、裸足でこい。5」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 試行錯誤の末にようやく辿り着いた、巡の隣に二斗がいる未来。しかしあれほど強く望んだのに、今度はなぜかそこにもう一人の彼女がいない未来に直面する第5弾。誰もが笑顔でいられるハッピーエンドでなければ意味が 試行錯誤の末にようやく辿り着いた、巡の隣に二斗がいる未来。しかしあれほど強く望んだのに、今度はなぜかそこにもう一人の彼女がいない未来に直面する第5弾。誰もが笑顔でいられるハッピーエンドでなければ意味がない。巡と二斗が一緒にタイムリープしても、文字通り総力戦で挑んでも、追い詰められる結末に繋がる選択をする彼女の決断を覆すことが出来ない現実に直面する二人。そんな状況で巡が下した覚悟の意味を考えると何とも皮肉な展開でしたけど、それでもこれまでの積み重ねから仲間たちを信じて乗り越えてみせたその結末が印象的でした。 …続きを読む
    よっち
    2024年04月10日
    32人がナイス!しています
  • 読了。予想通り故に最悪の展開で終わった前巻。天文同好会メンバー4人でのタイムリープ、再びあの日の春から1年が始まる。未来への切符を手にしても尚、変わらない未来を受け入れ、その行末が暗闇であったとしても最 読了。予想通り故に最悪の展開で終わった前巻。天文同好会メンバー4人でのタイムリープ、再びあの日の春から1年が始まる。未来への切符を手にしても尚、変わらない未来を受け入れ、その行末が暗闇であったとしても最後の恋を終わらせる選択を決断した真琴。そりゃあ怒るよな、少しづつ吐露してた恋心を目の前であっさり捨てるような言い分で分け渡されても虚しいだけやし、真琴の幸せはそこには無い。いや〜...いや〜だわ。あした裸足でこい、あしたはすぐ隣にある。これで良かったのかどうかはまたなんとも言い難い終わり方やったがまあうん …続きを読む
    ぽ た く
    2024年04月10日
    8人がナイス!しています
  • なるほどそこに繋がるのか。本当に良くできた、美しい物語だった。真琴の不幸な未来を変えるために巡、二斗、萌寧、六曜先輩が奮闘する。事情を打ち明けられるような絆を築けたのがまず感慨深いし、巡のために本気で なるほどそこに繋がるのか。本当に良くできた、美しい物語だった。真琴の不幸な未来を変えるために巡、二斗、萌寧、六曜先輩が奮闘する。事情を打ち明けられるような絆を築けたのがまず感慨深いし、巡のために本気で悩んで、手を差し伸べてくれる仲間の姿にグッと来た。そして彼らが選んだ選択は個人的に無意識の内に外していたものだったので驚いた。でも確かに今の巡なら、この決断を最良の明日に繋げることができる。ループでの成長をこれ以上なく描いていて脱帽。誰一人欠けることなく、本気でぶつかって笑い合える明日がずっと続くことを願って …続きを読む
    リク@ぼっち党員
    2024年04月10日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品