夏凪渚はまだ、女子高生でいたい。2 探偵はもう、死んでいる。Ordinary Case

夏凪渚はまだ、女子高生でいたい。2 探偵はもう、死んでいる。Ordinary Case

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784046833457
label

夏凪渚はまだ、女子高生でいたい。2 探偵はもう、死んでいる。Ordinary Case

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784046833457

『探偵はもう、死んでいる。』の夏凪渚の揺れる心模様を描いたスピンオフ!

あたしは女子高生・夏凪渚。
二人の親友と一緒に楽しい学園生活を過ごしていた。
そんな普通の女子高生になれたと思っていた。
でも。
「あんたが名探偵?」
ずっと探していた『名探偵』を見つけてからは目も眩むようなひと夏の冒険が始まり、新しい出会いもあった。
そして知らない世界に踏み込んでしまったことで、親友たちとの距離も感じ、日常に戻れるか不安だった。
それでも二人は以前と変わらずあたしを迎えてくれた。
またいつもの学園生活が戻ってくる、そう信じてたのに……。

「夏凪先輩。私と付き合ってください」

銀髪で『彼女』にそっくりな後輩女子にいきなり告白されて――。
あたしは女子高生・夏凪渚。
二人の親友と一緒に楽しい学園生活を過ごしていた。
そんな普通の女子高生になれたと思っていた。
でも。
「あんたが名探偵?」
ずっと探していた『名探偵』を見つけてからは目も眩むようなひと夏の冒険が始まり、新しい出会いもあった。
そして知らない世界に踏み込んでしまったことで、親友たちとの距離も感じ、日常に戻れるか不安だった。
それでも二人は以前と変わらずあたしを迎えてくれた。
またいつもの学園生活が戻ってくる、そう信じてたのに……。

「夏凪先輩。私と付き合ってください」

銀髪で『彼女』にそっくりな後輩女子にいきなり告白されて――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

最近チェックした商品