たまに取り出せる褒め

たまに取り出せる褒め

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月14日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784047378216

たまに取り出せる褒め

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月14日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784047378216

誰しも思い出すたび うれしくなってしまう ”褒め”がある。

ふとした時に懐から取り出して、にんまりと心を温める、誰かに褒められた記憶のストック。
そんな記憶は他人のものでも、どういうわけか嬉しくなってしまうものなのである。

描きおろしには絵本作家・ヨシタケシンスケ氏と
TVプロデューサー・佐久間宣行氏の“褒めの記憶”エピソードを収録!

オモコロの人気連載が描きおろし2編を加え、待望の書籍化!
ふとした時に懐から取り出して、にんまりと心を温める、誰かに褒められた記憶のストック。
そんな記憶は他人のものでも、どういうわけか嬉しくなってしまうものなのである。

描きおろしには絵本作家・ヨシタケシンスケ氏と
TVプロデューサー・佐久間宣行氏の“褒めの記憶”エピソードを収録!

オモコロの人気連載が描きおろし2編を加え、待望の書籍化!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「たまに取り出せる褒め」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者のラジオを毎週きいてるので、応援の意味もこめて買って読んだ。作者のキャラクターはラジオで知ってるので、重ね合わせて読んだので楽しかった。ラスト2編は初めて読んだ。でもこの人たちはもともと才能があっ 著者のラジオを毎週きいてるので、応援の意味もこめて買って読んだ。作者のキャラクターはラジオで知ってるので、重ね合わせて読んだので楽しかった。ラスト2編は初めて読んだ。でもこの人たちはもともと才能があったので、この褒めがきっかけで無くとも(別業界でも)大成しただろうと思う。青汁のエピソードは検索したら普通に出てきた。あと、この手の漫画だからしょうがないだろうけど、普通に書籍のお値段が高い。 …続きを読む
    かしまだ やこう
    2024年02月14日
    3人がナイス!しています
  • Twitterで見た「鬱陶しい職場」が良すぎて買ったのだが、それ以外はそこまででは無かった。書き下ろしの2作品は好き Twitterで見た「鬱陶しい職場」が良すぎて買ったのだが、それ以外はそこまででは無かった。書き下ろしの2作品は好き
    ぴよ(toyoneko)
    2024年02月23日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品