汝、わが騎士として

汝、わが騎士として

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年04月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784049155327
label

汝、わが騎士として

  • 著者 畑 リンタロウ
  • イラスト 火ノ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年04月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784049155327

二人が誓いを交わす時、全ての絶望は消え失せる。異端の騎士物語、開幕!

 超常現象の使い手にして戦争の道具である『情報師』。平凡な情報師ツシマ・リンドウは、没落貴族の娘ホーリーをバルガ帝国から亡命させる仕事を請ける。しかしそれは、渦巻く陰謀の始まりであった――

 二人の逃避行は帝国正規軍だけでなく、帝国最強と名高い情報師『六帝剣』までもが襲撃してくる過酷な旅路となる。ただの没落貴族を相手に動き出す強大な力と影。その訳はホーリーの隠された正体にあった。

 圧倒的な強敵、幾重にも渦巻く陰謀、蘇る過去の因縁。膝を折るには十分すぎるほどの絶望。だが――それが、どうした?
 取引の関係でしかなかった二人が最後の誓いを交わす時、全ての絶望は消え失せる!
 騎士というにはあまりに遠い、異端の騎士物語。ここに開幕!!


----
【推薦コメントご紹介】

『コードギアス』シリーズ、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』 脚本
大河内一楼 先生
情報師という言葉にまず惹かれました。そそる設定とロマンス、そして絶望からの逆転劇。期待したもの全部入ってました!


『狼と香辛料』シリーズ 著者
支倉凍砂 先生
強い男と、強い少女。そしてしっかり悪い敵がいる。全部、本当に全部ちゃんとやってくれる。エンターテインメントがここにある。
----
 超常現象の使い手にして戦争の道具である『情報師』。平凡な情報師ツシマ・リンドウは、没落貴族の娘ホーリーをバルガ帝国から亡命させる仕事を請ける。しかしそれは、渦巻く陰謀の始まりであった――

 二人の逃避行は帝国正規軍だけでなく、帝国最強と名高い情報師『六帝剣』までもが襲撃してくる過酷な旅路となる。ただの没落貴族を相手に動き出す強大な力と影。その訳はホーリーの隠された正体にあった。

 圧倒的な強敵、幾重にも渦巻く陰謀、蘇る過去の因縁。膝を折るには十分すぎるほどの絶望。だが――それが、どうした?
 取引の関係でしかなかった二人が最後の誓いを交わす時、全ての絶望は消え失せる!
 騎士というにはあまりに遠い、異端の騎士物語。ここに開幕!!


----
【推薦コメントご紹介】

『コードギアス』シリーズ、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』 脚本
大河内一楼 先生
情報師という言葉にまず惹かれました。そそる設定とロマンス、そして絶望からの逆転劇。期待したもの全部入ってました!


『狼と香辛料』シリーズ 著者
支倉凍砂 先生
強い男と、強い少女。そしてしっかり悪い敵がいる。全部、本当に全部ちゃんとやってくれる。エンターテインメントがここにある。
----

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「汝、わが騎士として」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 没落貴族の娘ホーリーをバルガ帝国から亡命させる仕事を請け負った、コードを脳内に生成して戦う情報師ツシマ。護衛しながらの逃避行で二人が絆を深めてゆくファンタジー。港で帝国正規軍に待ち伏せされるだけでなく 没落貴族の娘ホーリーをバルガ帝国から亡命させる仕事を請け負った、コードを脳内に生成して戦う情報師ツシマ。護衛しながらの逃避行で二人が絆を深めてゆくファンタジー。港で帝国正規軍に待ち伏せされるだけでなく、帝国最強と名高い情報師『六帝剣』も襲撃してくる過酷な旅路となってゆくホーリーが抱える事情。否が応でも巻き込まれて強敵と対峙するツシマの秘めた実力が明らかになる一方で、彼女もまた覚悟を試される展開になっていて、雰囲気のあるキャラたちを惜しみなく投入して繰り広げられる因縁に決着をつけた二人の結末が印象的でした。 …続きを読む
    よっち
    2024年04月10日
    32人がナイス!しています
  • 良くも悪くも新人作家さんらしい作品だったなと。 科学を応用したコードと呼ばれるものを駆使する情報師のツシマに亡命の手助けを依頼した謎の少女ホーリー。そんな2人の前に立ち塞がる強敵たちが現れるという王道な 良くも悪くも新人作家さんらしい作品だったなと。 科学を応用したコードと呼ばれるものを駆使する情報師のツシマに亡命の手助けを依頼した謎の少女ホーリー。そんな2人の前に立ち塞がる強敵たちが現れるという王道なストーリー。コードを駆使した戦いはギリギリ想像出来る範囲で面白く、それぞれ裏の顔を持つメインの2人は特に魅力的。構成は粗々しくも勢いと見せ場がしっかりとしていたが、台詞で説明してほしいところまで地の文でやっちゃってるのは完全に悪手だったなと。 …続きを読む
    オセロ
    2024年04月12日
    27人がナイス!しています
  • 【困惑】 具材は最高、展開も最高。粗筋だけ聞けばじつに好み。 だのにこの寂寥感。 こんなにも文章が合わないのは久しぶりかもしれない。3人称の地の文が作者が説明したい情景の意味すら書いてしまう。 あまりにも 【困惑】 具材は最高、展開も最高。粗筋だけ聞けばじつに好み。 だのにこの寂寥感。 こんなにも文章が合わないのは久しぶりかもしれない。3人称の地の文が作者が説明したい情景の意味すら書いてしまう。 あまりにもあっさりしていてタメがなく、キャラの関係性に能力も政治的駆け引きもそこまで影響ないのが残念。 てか残酷言われた王子が、革命要因になる皇女亡命させるのはなんでやねん。 ビジュアル最高、騎士道最高、だのになぜこんな読了感を持たねばならないのだろう。 願わくば納得のいく解釈を他者の感想で読みたい。 …続きを読む
    のれん
    2024年04月10日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品