夜行堂奇譚 1

夜行堂奇譚 1

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
228
ISBN:
9784049155136
label

夜行堂奇譚 1

  • 漫画 立藤 灯
  • 原作 嗣人
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
228
ISBN:
9784049155136

この街に潜む、怪異に立ち向かう――

県庁で働く大野木龍臣は、突然の辞令で怪異絡みの案件を扱う「特別対策室」へ部署異動を命じられた。
異動後の初仕事として前任者の捜索を始めるが、手掛かりはゼロ。
解決策を求めて訪れた奇妙な骨董店で出会ったのは、右腕の無い青年・桜千早だった。
初めての怪異に戸惑う大野木と、怪異を視る力を授かった千早がタッグを組み、街に潜む怪異に立ち向かう!

※電子版には、「プロローグ」が収録されています
県庁で働く大野木龍臣は、突然の辞令で怪異絡みの案件を扱う「特別対策室」へ部署異動を命じられた。
異動後の初仕事として前任者の捜索を始めるが、手掛かりはゼロ。
解決策を求めて訪れた奇妙な骨董店で出会ったのは、右腕の無い青年・桜千早だった。
初めての怪異に戸惑う大野木と、怪異を視る力を授かった千早がタッグを組み、街に潜む怪異に立ち向かう!

※電子版には、「プロローグ」が収録されています

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 大野木龍臣と桜千早(前編)
第二話 大野木龍臣と桜千早(後編)
第三話 自殺団地
第四話 翡抄
第五話 追華

「夜行堂奇譚 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かった。怪異がちゃんと怖いのは勿論、無事に返ってくる良い話もあるし。謎の店主さんに何やら秘密がありそう。いつか掘り下げあるのかな。 面白かった。怪異がちゃんと怖いのは勿論、無事に返ってくる良い話もあるし。謎の店主さんに何やら秘密がありそう。いつか掘り下げあるのかな。
    2024年01月27日
    28人がナイス!しています
  • ★★★★☆原作がなかったので取り合えず立藤 灯さんのコミカライズ版を読んでみた。うん、これは私好みのホラー漫画。いい雰囲気出てる、やっぱ原作読みたい!!(笑)真面目な県庁職員の大野木龍臣が生活課・特別対策室へ異 ★★★★☆原作がなかったので取り合えず立藤 灯さんのコミカライズ版を読んでみた。うん、これは私好みのホラー漫画。いい雰囲気出てる、やっぱ原作読みたい!!(笑)真面目な県庁職員の大野木龍臣が生活課・特別対策室へ異動、実はこの部署、県民からのクレーム意外に心霊案件も取り扱う部署で最初は何かに巻き込まれ行方不明になった大野木の前任者の捜索から始めるが路地裏に迷い込み辿り着いた先の骨董店「夜行堂」で霊能者・桜千早と出会いオカルトなど全く信じていなかった大野木が桜千早と一緒に怪異事件に立ち向かうお話。 …続きを読む
    あんコ
    2024年02月08日
    12人がナイス!しています
  • 県庁の怪奇現象を扱う部署所属の主人公が異形の存在が見える片腕の青年・桜千早と怪奇事件を解決するお話。心霊現象や不思議な事件などが題材だけど、話の背景がよく練られてて面白い。あと雰囲気が超いい感じ!!心霊 県庁の怪奇現象を扱う部署所属の主人公が異形の存在が見える片腕の青年・桜千早と怪奇事件を解決するお話。心霊現象や不思議な事件などが題材だけど、話の背景がよく練られてて面白い。あと雰囲気が超いい感じ!!心霊系は怖いだけでなく、何か悲しく切なくてしみじみしちゃう。不思議系は道具類含め民俗学的香りが漂っていて大好きだな!! 夜行堂の女主人が謎の存在でいい味だしてるし。原作未読だけど漫画改変かなりいい感じだと思う。怖いってだけじゃなくて(いや怖いけど)、お話としても読みごたえあってオススメです。 …続きを読む
    くろねこ文学
    2024年01月27日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品