夏目漱石ファンタジア

夏目漱石ファンタジア

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
342
ISBN:
9784040753065
label

夏目漱石ファンタジア

  • 著者 零余子
  • イラスト 森倉 円
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
342
ISBN:
9784040753065

帝都に舞う夏目漱石、暗躍する野口英世、そして――衝撃の問題作

 西暦一九〇六年。夏目漱石、作家の自由を脅かす政府に反逆。
 西暦一九一〇年。夏目漱石、暗殺。
 西暦一九一一年。夏目漱石、樋口一葉の身体にて蘇生。
「――彼女の肉体に、俺の脳を移植したのか」
 森鴎外による禁忌の医術を受け夏目漱石は樋口一葉の身体で蘇った。それは帝都に渦巻く闇との戦いの再開を意味していた。
 誰が自分を殺したのか。どうして鴎外は漱石を蘇らせたのか。そして作家をつけ狙う殺人鬼『ブレインイーター』の正体とは。
 様々な謎が見え隠れする中、漱石の協力者の筈だった野口英世が独自の思惑で動き出し――文豪バトルファンタジー開幕。
 西暦一九〇六年。夏目漱石、作家の自由を脅かす政府に反逆。
 西暦一九一〇年。夏目漱石、暗殺。
 西暦一九一一年。夏目漱石、樋口一葉の身体にて蘇生。
「――彼女の肉体に、俺の脳を移植したのか」
 森鴎外による禁忌の医術を受け夏目漱石は樋口一葉の身体で蘇った。それは帝都に渦巻く闇との戦いの再開を意味していた。
 誰が自分を殺したのか。どうして鴎外は漱石を蘇らせたのか。そして作家をつけ狙う殺人鬼『ブレインイーター』の正体とは。
 様々な謎が見え隠れする中、漱石の協力者の筈だった野口英世が独自の思惑で動き出し――文豪バトルファンタジー開幕。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「夏目漱石ファンタジア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 政府との闘争の中で瀕死の重傷を負い、森鴎外による禁忌の医術を受け樋口一葉の身体で蘇った夏目漱石。従者の禰子を連れて神田高等女学校に赴任する文豪バトルファンタジー。女学生たちを教えて、時には生徒に好かれ 政府との闘争の中で瀕死の重傷を負い、森鴎外による禁忌の医術を受け樋口一葉の身体で蘇った夏目漱石。従者の禰子を連れて神田高等女学校に赴任する文豪バトルファンタジー。女学生たちを教えて、時には生徒に好かれながら、元婚約者の姿で漱石と知られぬまま出会う文豪たち。誰が自分を殺したのか。どうして鴎外は漱石を蘇らせたのか。そして作家をつけ狙う殺人鬼『ブレインイーター』の目的は何か。最初から最後まで斜め上の展開で、かつての文豪たちのキャラもなかなかぶっ飛んでいて、それでも面白いと思ってしまった自分に敗北感を覚えました。 …続きを読む
    よっち
    2024年02月20日
    39人がナイス!しています
  • めちゃくちゃ面白かった〜。 政府と社会主義者の抗争に巻き込まれ戦死した夏目漱石が森鴎外による脳移植という禁断の医術で樋口一葉の身体で蘇るという奇天烈な始まりでしたが、漱石の真のある行動とトリックスター めちゃくちゃ面白かった〜。 政府と社会主義者の抗争に巻き込まれ戦死した夏目漱石が森鴎外による脳移植という禁断の医術で樋口一葉の身体で蘇るという奇天烈な始まりでしたが、漱石の真のある行動とトリックスター・野口英世の先の読まない行動、そしてもう一人の漱石が登場したことをキッカケにして二転三転するストーリーは読み応え抜群で。それでいて漱石を支えるキャラだけでなく、漱石と因縁のあるキャラの深掘りもきちんとされていて、大賞も納得の出来栄え。これは続きが楽しみです。 …続きを読む
    オセロ
    2024年02月20日
    34人がナイス!しています
  • ★★★★★確かにこれは大賞を取るのも納得のとんでもない怪作だ。表現の自由を掲げて武装組織「木曜会」の首魁として活動していた主人公、夏目漱石が凶弾に斃れてしまう。次に彼が目を覚ました時には、森鴎外に手引きさ ★★★★★確かにこれは大賞を取るのも納得のとんでもない怪作だ。表現の自由を掲げて武装組織「木曜会」の首魁として活動していた主人公、夏目漱石が凶弾に斃れてしまう。次に彼が目を覚ました時には、森鴎外に手引きされた闇医者の野口英世によって、亡くなったはずの元婚約者、樋口一葉の身体に脳が移植されていた、と始まるトンデモ文豪SF冒険活劇。粗筋だけでも既にお腹一杯なのに、こんなのまだまだ序の口。文豪たちの逸話や史実を巧妙に織り交ぜながら、時に胡乱げな語り口で、時に外連味溢れるキャラクターたちで魅せてくれる作品だった。 …続きを読む
    わたー
    2024年02月20日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品