歪つ火

歪つ火

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041145401
label

歪つ火

  • 著者 三浦 晴海
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041145401

キャンプ場から出られなくなる未知の恐怖。戦慄のキャンプホラー!

辛い日常から逃れようと、私は一人でキャンプにやってきた。テントを張り、のんびりご飯を作る。夜はキャンプファイヤーを囲みながら、今日知り合ったばかりの人たちと語り合う。来て良かった。でも、次の日、私はなぜかキャンプ場から出られなくなっていた。しかも、昨夜語り合った人たちは皆、時間がリセットされたかのように「初めまして」と微笑み、昨日とまったく同じ言動を繰り返している。「あなた、大丈夫?」、困惑する私を訝しがる彼らの視線で私は確信した。「ここにいてはいけない、これはダメなやつだ」
非日常に囚われる未体験の恐怖を描く、戦慄のキャンプホラー。
辛い日常から逃れようと、私は一人でキャンプにやってきた。テントを張り、のんびりご飯を作る。夜はキャンプファイヤーを囲みながら、今日知り合ったばかりの人たちと語り合う。来て良かった。でも、次の日、私はなぜかキャンプ場から出られなくなっていた。しかも、昨夜語り合った人たちは皆、時間がリセットされたかのように「初めまして」と微笑み、昨日とまったく同じ言動を繰り返している。「あなた、大丈夫?」、困惑する私を訝しがる彼らの視線で私は確信した。「ここにいてはいけない、これはダメなやつだ」
非日常に囚われる未体験の恐怖を描く、戦慄のキャンプホラー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 招禍/第二章 禁足/第三章 祓除/解斎

「歪つ火」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最初は少し退屈だが半ばくらいから面白くなってくる。怪異が起きてからはスピード感増して一気に読んだ。ソロキャンプ行きたくなくなるな😭元々キャンプ自体好きじゃないけど。外で寝るって言うのが苦手なので😭 最初は少し退屈だが半ばくらいから面白くなってくる。怪異が起きてからはスピード感増して一気に読んだ。ソロキャンプ行きたくなくなるな😭元々キャンプ自体好きじゃないけど。外で寝るって言うのが苦手なので😭
    2024年01月27日
    33人がナイス!しています
  • 今後がなかなか楽しみな作家さん。これから更に高品質なホラーを期待出来るのでは?日々の仕事、日常に疲れ果て逃避するように訪れたキャンプ場で、そこにいた人々とほのぼのとした交流をする主人公。次の日に帰ろう 今後がなかなか楽しみな作家さん。これから更に高品質なホラーを期待出来るのでは?日々の仕事、日常に疲れ果て逃避するように訪れたキャンプ場で、そこにいた人々とほのぼのとした交流をする主人公。次の日に帰ろうとするとキャンプ場から出られず、同じ日を繰り返す羽目に。タイムリープ要素も含むホラー。日常から非日常への展開が急で、そこから一気に引き込まれる。伏線のはりかたと回収も丁寧で好感が持てる。もしかすると主人公も?と思わせつつ迎えるラストは何ともいえない余韻がある。 …続きを読む
    大福
    2024年02月08日
    20人がナイス!しています
  • ある日、気まぐれで仕事を休みふらっとやってきたキャンプ場での心温まる交流の翌日。帰宅しようとした友美はキャンプ場から出ることが出来ず、昨日交流した人々は記憶を失っており会話が噛み合わない。しかも周辺で ある日、気まぐれで仕事を休みふらっとやってきたキャンプ場での心温まる交流の翌日。帰宅しようとした友美はキャンプ場から出ることが出来ず、昨日交流した人々は記憶を失っており会話が噛み合わない。しかも周辺では行方不明者や子供が死亡したという噂話が……というキャンプ場ホラー。前半のどことなく不気味な雰囲気から中盤に探索パートに入り、終盤で映画的な派手な脱出劇が繰り広げられる構成で読み易かった。『屍介護』と合わせて考えるとこの作者さん、ちょっと年上の明るい女性が不憫な目に合うのが好きなんだろうなぁ…… …続きを読む
    佐倉
    2024年03月04日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品