マッチング

マッチング

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041145029
label

マッチング

  • 著者 内田 英治
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041145029

2024年2月23日公開 映画「マッチング」原作小説

ウェディングプランナーの仕事が充実している一方、恋愛に奥手な輪花は、同僚に勧められ、渋々マッチングアプリに登録。この日を境に生活が一変する。マッチングした吐夢と待ち合わせると、現れたのはプロフィールとは別人のように暗い男。恐怖を感じた輪花は、取引先でマッチングアプリ運営会社のプログラマー影山に助けを求めることに。
同じ頃、“アプリ婚“した夫婦が惨殺される悲惨な事件が連続して発生。輪花を取り巻く人物たちの“本当の顔“が次々に明かされ、事件の魔の手が輪花に迫るのだった。誰が味方で、誰が敵なのか――。出会いに隠された恐怖を描く新感覚サスペンス・スリラー!
ウェディングプランナーの仕事が充実している一方、恋愛に奥手な輪花は、同僚に勧められ、渋々マッチングアプリに登録。この日を境に生活が一変する。マッチングした吐夢と待ち合わせると、現れたのはプロフィールとは別人のように暗い男。恐怖を感じた輪花は、取引先でマッチングアプリ運営会社のプログラマー影山に助けを求めることに。
同じ頃、“アプリ婚“した夫婦が惨殺される悲惨な事件が連続して発生。輪花を取り巻く人物たちの“本当の顔“が次々に明かされ、事件の魔の手が輪花に迫るのだった。誰が味方で、誰が敵なのか――。出会いに隠された恐怖を描く新感覚サスペンス・スリラー!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「マッチング」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ウェディングプランナーの輪花は友人の勧めでマッチングアプリを始めるが… 気鋭の映画監督が手掛けるサイコサスペンス。プロの作家さんではないので文章は軽いし細部の設定も甘いし全体的に安っぽいが、抜群に読みや ウェディングプランナーの輪花は友人の勧めでマッチングアプリを始めるが… 気鋭の映画監督が手掛けるサイコサスペンス。プロの作家さんではないので文章は軽いし細部の設定も甘いし全体的に安っぽいが、抜群に読みやすくて謎の勢いがある。物語の展開も困惑もので、いやいや人間心理的に有り得ないでしょなどと突っ込みながらも意外と楽しめた。所謂ポップコーンムービー的なB級小説。愛が歪んでいる、いや歪んだ感情が愛なのか。愛と憎しみは紙一重って昔から言うけど。「あなたをずっと守ります」なんて台詞、相手によっては恐怖ですよね。 …続きを読む
    かぷち
    2024年04月27日
    75人がナイス!しています
  • 先に映画を観てから読んだ。そのため、登場人物は、どうしても映画の配役で思い浮かべてしまう。本作は、内田監督自身が書いた、原作小説というより、映画作品の小説版。そのため、映画と内容はほぼ同じ。ただ、内田 先に映画を観てから読んだ。そのため、登場人物は、どうしても映画の配役で思い浮かべてしまう。本作は、内田監督自身が書いた、原作小説というより、映画作品の小説版。そのため、映画と内容はほぼ同じ。ただ、内田監督は、小説の人というより、やっぱり映画の人なのだろう。小説は映画に比べて何だかあっさり。映画の方が、展開は一緒ながら、映像が饒舌に物語り、説得力がある。内田監督が自分で小説も書いている映画は、他に「ミッドナイトスワン」「異動辞令は音楽隊」等があるが、ジャンルが多岐に渡っていて、監督の守備範囲の広さを感じる。 …続きを読む
    いたろう
    2024年03月09日
    70人がナイス!しています
  • 映画の番宣を観て借りてみた。過去のトラウマから恋愛に臆病なウエディングプランナーの輪花。マッチングアプリによる出会いから始まる恐怖が描かれる。同時に起こる『アプリ婚連続殺人事件』映画のキャストから(観 映画の番宣を観て借りてみた。過去のトラウマから恋愛に臆病なウエディングプランナーの輪花。マッチングアプリによる出会いから始まる恐怖が描かれる。同時に起こる『アプリ婚連続殺人事件』映画のキャストから(観てはいない)きっと犯人はこの人と目星が付く。輪花(土屋太鳳)かわいいしな。ストーカーもされるよなって思っていたら、恐怖の連続。これは壊れる。ボロボロになる。想像を超えた恐怖があったよ。吐夢と距離を縮めていくのは、さっぱり理解できないけれど。おもしろかった。サブスクで配信されたら観よ。 …続きを読む
    mayu
    2024年04月18日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品