君を食べさせて?私を殺していいから

君を食べさせて?私を殺していいから

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784041144701
label

君を食べさせて?私を殺していいから

  • 著者 十利 ハレ
  • イラスト 椎名 くろ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784041144701

ね、私たち普通じゃないから一緒にダメになっちゃわない?

高校生・有町要は原因不明の殺人衝動により誰にも打ち明けられない苦しみを抱え生きていた。しかしある日クラスメイトの旭日零に気づかれる。彼女も同じく、原因不明の再生能力と吸血衝動に悩んでいると打ち明けられた。まるでお伽噺の狼男と吸血鬼は互いの衝動が互いの異常で満たし合えると気づく「君を食べさせて? 私を殺していいから」彼女から互いを傷つけ合う提案をされ危うい契約を結ぶ二人。そしてその契約はやがて抜け出し難い共依存へと発展していく。こんなことしたくない。もっと、もっと壊したい。相反する想いと欲望がせめぎ合う切ないラブストーリー開幕―― 高校生・有町要は原因不明の殺人衝動により誰にも打ち明けられない苦しみを抱え生きていた。しかしある日クラスメイトの旭日零に気づかれる。彼女も同じく、原因不明の再生能力と吸血衝動に悩んでいると打ち明けられた。まるでお伽噺の狼男と吸血鬼は互いの衝動が互いの異常で満たし合えると気づく「君を食べさせて? 私を殺していいから」彼女から互いを傷つけ合う提案をされ危うい契約を結ぶ二人。そしてその契約はやがて抜け出し難い共依存へと発展していく。こんなことしたくない。もっと、もっと壊したい。相反する想いと欲望がせめぎ合う切ないラブストーリー開幕――

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「君を食べさせて?私を殺していいから」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 原因不明の殺人衝動により誰にも打ち明けられない苦しみを抱え生きていた高校生・有町要。しかしある日クラスメイトの旭日零にそれを気づかれて、密かに二人で契約関係を結ぶ青春小説。K-ウィルスで狼男の怪異に蝕ま 原因不明の殺人衝動により誰にも打ち明けられない苦しみを抱え生きていた高校生・有町要。しかしある日クラスメイトの旭日零にそれを気づかれて、密かに二人で契約関係を結ぶ青春小説。K-ウィルスで狼男の怪異に蝕まれる有町と同様に、原因不明の再生能力と吸血衝動に悩んでいると打ち明けた孤高の美少女・旭日が二人で飢えを満たし合う共依存関係。感染しているものしかわからない思いを共有する関係だからこそ、その契約関係はウィルス感染が前提で、渇望していたはずの普通の生活と契約関係という選択に迷わなかった二人の結末が印象的でした。 …続きを読む
    よっち
    2023年12月28日
    31人がナイス!しています
  • ★★★★☆電子特別版として収録されている短編こそ本編なのでは?抗いきれない殺人衝動に苛まれる主人公が、同じく吸血衝動と超回復能力を持つ少女と出会い、共存関係となる契約を結ぶことから始まるボーイ・ミーツ・ガ ★★★★☆電子特別版として収録されている短編こそ本編なのでは?抗いきれない殺人衝動に苛まれる主人公が、同じく吸血衝動と超回復能力を持つ少女と出会い、共存関係となる契約を結ぶことから始まるボーイ・ミーツ・ガール。彼女を殺すことで殺人衝動を解消でき、身体の不調が改善され、あまつさえ殺人による快楽すら感じることに忌避感や罪悪感を覚える主人公。そんな彼をありのまま受け入れ一緒に堕ちていこうとするヒロインと、あくまで彼とともに日の当たる世界を歩いていこうとする後輩ちゃんの間で、主人公が覚悟を決めるまでが描かれる。 …続きを読む
    わたー
    2024年01月15日
    19人がナイス!しています
  • 何を好きと語るには、何を嫌いかを語らねばなるまい。本作が言いたいことはそれに尽きる。好きになるものの反対は排除しなければならない。それを突き詰めることでより好きは純粋に鮮烈になっていく。 衝動という幻 何を好きと語るには、何を嫌いかを語らねばなるまい。本作が言いたいことはそれに尽きる。好きになるものの反対は排除しなければならない。それを突き詰めることでより好きは純粋に鮮烈になっていく。 衝動という幻想は、愛とはまったく違う個性であり、しかしながらその延長上に愛は存在する。すなわち個性を認め合える存在こそ愛情であり、それは努力や意識に寄らない天性のものがある。そんな出会いを果たせたのであればそれこそ運命と呼ぶべきものではないか。 幻想だからこそ語れる愛がある。00年代を思い出させるよき幻想譚だった。 …続きを読む
    のれん
    2024年01月06日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品