後宮を飛び出したとある側室の話 初恋と王冠

後宮を飛び出したとある側室の話 初恋と王冠

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月01日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041144275

後宮を飛び出したとある側室の話 初恋と王冠

  • 著者 はなの みやこ
  • イラスト 香坂 あきほ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月01日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041144275

「後宮を飛び出したとある側室の話」シリーズ 待望の書き下ろし最新刊!

王太子ラウルの唯一の妃となったリードの前に、同じ転生者であるコンラートが立ちはだかるが、リードたちの機転により戦争は回避された。リードはリケルメ王にコンラートの狙いが、ユメリア大陸の資源奪取と植民地化だと伝えるが、リケルメもまた大陸進出を目指していることを知り愕然とする。一方、ラウルは人々の幸せのためにリケルメやコンラートとは違う道を選ぶことを示し、リードの気持ちに寄り添う。最悪の場合、リケルメと袂を分かつ事態になりかねない中、リケルメの娘であるパトリシアがやって来て…? 王太子ラウルの唯一の妃となったリードの前に、同じ転生者であるコンラートが立ちはだかるが、リードたちの機転により戦争は回避された。リードはリケルメ王にコンラートの狙いが、ユメリア大陸の資源奪取と植民地化だと伝えるが、リケルメもまた大陸進出を目指していることを知り愕然とする。一方、ラウルは人々の幸せのためにリケルメやコンラートとは違う道を選ぶことを示し、リードの気持ちに寄り添う。最悪の場合、リケルメと袂を分かつ事態になりかねない中、リケルメの娘であるパトリシアがやって来て…?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「後宮を飛び出したとある側室の話 初恋と王冠」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 電子版を読んだのでシリーズ④冊目。ちなみに紙本だと3冊目。意見の相違などありつつ安定ラブラブなラウルとリード。コンラートがユメリア大陸へ侵略し植民地支配を考えていると知り奔走するリード…そこにリケルメの 電子版を読んだのでシリーズ④冊目。ちなみに紙本だと3冊目。意見の相違などありつつ安定ラブラブなラウルとリード。コンラートがユメリア大陸へ侵略し植民地支配を考えていると知り奔走するリード…そこにリケルメの娘・パトリシアとバディの恋の行方も絡んで今回も大活躍なリードでした♪ラウルが王位を継ぐ事になる後半、アルベルトの隠れた恋の話しなど…うむ、面白いシリーズだと思うけれど、リードは賢く男前なのに、今更ながら挿絵のドレス姿が残念だな…。ホント今更ですが。 …続きを読む
    アッちゃん
    2024年01月21日
    12人がナイス!しています
  • 電子。4冊目。 前半はリケルメの娘のパトリシアが主役かな?めちゃくちゃ良かった♡初恋ってパトリシアことだったのね。お相手のバティも良い!甘酸っぺえ〜やつだけどそこに政治が絡んで大変なことになりそうだった 電子。4冊目。 前半はリケルメの娘のパトリシアが主役かな?めちゃくちゃ良かった♡初恋ってパトリシアことだったのね。お相手のバティも良い!甘酸っぺえ〜やつだけどそこに政治が絡んで大変なことになりそうだったけど結局リードに嫌われたくないリケルメが折れて事なきを得た、ホッとしました。 後半はラウルがついに即位するお話。 良いキャラたくさんだし優しい世界だしで楽しすぎたのでシリーズ一気読みしちゃった。まだ続いてるのかな。わからんけど続きも楽しみにしてます! …続きを読む
    ももちゃん
    2023年12月10日
    3人がナイス!しています
  • シリーズ三作目。王宮を飛び出したお姫様な内容で主役カップルより行動的なお姫様の恋の方が印象深い。敵の転生者がそのままなので次巻で決着してほしいな。 シリーズ三作目。王宮を飛び出したお姫様な内容で主役カップルより行動的なお姫様の恋の方が印象深い。敵の転生者がそのままなので次巻で決着してほしいな。
    ユキモリ
    2023年12月24日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品