TS衛生兵さんの戦場日記II

TS衛生兵さんの戦場日記II

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月28日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
356
ISBN:
9784047377363

TS衛生兵さんの戦場日記II

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月28日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
356
ISBN:
9784047377363

命の選別(トリアージ)を。たとえ地獄行きになろうとも。

サバト帝国の奇策・シルフ攻勢によって敗走を余儀なくされたガーバック小隊。彼らは飢えと渇きに苦しみながらも命からがら城塞都市マシュデールへと辿り着く。だがサバト軍はすでにマシュデールの眼前にまで迫って来ていた。ガーバックたちは息をつく暇もなく、再び命を賭した防衛戦へと駆り出される。一方トウリは小隊を離れ、唯一の衛生兵として臨時医療本部の監督役に任命された。だがそれは、日々運ばれてくる数十人の負傷兵の中から「救える者」だけを選別(トリアージ)する、あまりにも過酷な仕事だった――。 サバト帝国の奇策・シルフ攻勢によって敗走を余儀なくされたガーバック小隊。彼らは飢えと渇きに苦しみながらも命からがら城塞都市マシュデールへと辿り着く。だがサバト軍はすでにマシュデールの眼前にまで迫って来ていた。ガーバックたちは息をつく暇もなく、再び命を賭した防衛戦へと駆り出される。一方トウリは小隊を離れ、唯一の衛生兵として臨時医療本部の監督役に任命された。だがそれは、日々運ばれてくる数十人の負傷兵の中から「救える者」だけを選別(トリアージ)する、あまりにも過酷な仕事だった――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「TS衛生兵さんの戦場日記II」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • サバト帝国の奇策シルフ攻勢によりまさかの敗走を余儀なくされた王国。あまりの急展開に上層部の判断も後手に回る中、ガーバック小隊は城塞都市マシュデールへの撤退を目指す第二弾。飢えと渇きに苦しみながら命から サバト帝国の奇策シルフ攻勢によりまさかの敗走を余儀なくされた王国。あまりの急展開に上層部の判断も後手に回る中、ガーバック小隊は城塞都市マシュデールへの撤退を目指す第二弾。飢えと渇きに苦しみながら命からがら城塞都市マシュデールへと辿り着いたトウリたち。しかしすでに眼前にまで迫るサバト軍相手の防衛戦で、唯一の衛生兵として臨時医療本部の監督役に任命されるトウリ。激戦で過酷なトリアージを求められ、さらに生き延びるためにシビアな判断を迫られる展開でしたけど、しかるべき停戦のタイミングを逃すとこれはもう泥沼ですね…。 …続きを読む
    よっち
    2023年12月27日
    30人がナイス!しています
  • 本編を過去の歴史として語る歴史ものの醍醐味といえば、かの史実の考察にある。 今作で言えば、本編は一人の兵士視点の日記であるが故、その歴史の実像についての補足としても機能している。が、この圧倒的な転換は 本編を過去の歴史として語る歴史ものの醍醐味といえば、かの史実の考察にある。 今作で言えば、本編は一人の兵士視点の日記であるが故、その歴史の実像についての補足としても機能している。が、この圧倒的な転換はまさに物語であるからこそのハラハラだ。 近代で無条件降伏した相手に首都攻撃とか、史実のイタリアや日本では考えたくない事態だ。 そして史上においてはそうでも、その時を生きる人にとっては休みや休憩をとっていることが感慨深い。彼らは生きていた。歴史を勉強しているだけだと見落としがちな点。これも歴史ものの面白さだ。 …続きを読む
    のれん
    2024年01月06日
    12人がナイス!しています
  • ★★★★★ 無条件降伏を決断するまでの時間を稼ぐための孤立無援の籠城戦、という希望のない戦いの中でひたすら送られてくる負傷兵達の助ける者と見捨てる者を選別するまだ15歳の少女衛生兵。そこからついに防壁が突 ★★★★★ 無条件降伏を決断するまでの時間を稼ぐための孤立無援の籠城戦、という希望のない戦いの中でひたすら送られてくる負傷兵達の助ける者と見捨てる者を選別するまだ15歳の少女衛生兵。そこからついに防壁が突破され巻き起こる市街戦で、敵兵と飛び交う銃弾を潜り抜けながらまだ味方が保持している地区へと脱出する為の逃亡劇。ここだけでも凄まじい密度の地獄なのに、いざ降伏を宣言してからの急転直下。ここで明らかに戦争のあり方が常軌を逸脱しちゃうんですよね。世界にとってもトウリにとっても、本当の地獄はここからはじまる。 …続きを読む
    八岐
    2023年12月29日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品