偽りの華は宮廷に咲く

偽りの華は宮廷に咲く

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041142776
label

偽りの華は宮廷に咲く

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041142776

なぜ父は死んだのか。真実を知るため、彼は宮廷の華となる――。

暘国辺境の村で父と倹しく暮らす永雪。
しかし突然、都に指南碁に行っていた父の訃報が届く。国王暗殺未遂で処刑されたというのだ。
父が謀叛などするはずがない。
永雪は真実を知るため、美しい少女のような容姿を生かし宮女として宮廷に潜り込むが、後宮の劇団戯作者・飛天に男とばれてしまう。
一介の戯作者とは思えない謎の男、飛天は何者なのか?

「おまえは雪ではないな。とびきりの華だ」
運命が交差する中華大河、開幕!
暘国辺境の村で父と倹しく暮らす永雪。
しかし突然、都に指南碁に行っていた父の訃報が届く。国王暗殺未遂で処刑されたというのだ。
父が謀叛などするはずがない。
永雪は真実を知るため、美しい少女のような容姿を生かし宮女として宮廷に潜り込むが、後宮の劇団戯作者・飛天に男とばれてしまう。
一介の戯作者とは思えない謎の男、飛天は何者なのか?

「おまえは雪ではないな。とびきりの華だ」
運命が交差する中華大河、開幕!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

柏永雪(はく・えいせつ)/馬憐花(ま・れんか)

暘国北の国境付近の寒村、牟礼で暮らす少年。
凄腕の碁打ちの父とふたり家族だったが、国王暗殺未遂で父親が処刑され、真実を知るべく官女「憐花」として宮廷に潜り込む。

暁飛天(ぎょう・ひてん)

後宮の劇団の戯祥作者。口髭とあごひげをたくわえた、妙に顔立ちの整った男。
なぜか妃嬪の一人、祥妃と面識があるらしい。

祥憂炎(しょう・ゆうえん)

三品の官位を持つ若き宰相候補。
有力貴族の祥家出身で、姉は妃嬪でもある。
市井でも有名になるほどの美貌で、国王陛下の幼馴染でもある。

祥妃(しょうひ)/祥宝姫(しょう・ほうき)

愛らしく美しい、身分による差別をしない賢さと優しさを兼ね備えた憂炎の姉。
三人目の妃嬪。

蕭夏雨(しょう・かう)

薬園づきの少年宦官。
書物庫づきに異動になり、憐花と親しくなる。
どんぐり眼をきらきらさせた、素直で優しい少年。

「偽りの華は宮廷に咲く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 都に指南碁に行っていた父が国王暗殺未遂で処刑されてしまう。永雪は真実を知る為に女と偽って宮女として宮廷に潜入するが···。宮廷に潜入するにしてはまだまだ意識が甘かった永雪が飛天と出会っていく内に段々と覚 都に指南碁に行っていた父が国王暗殺未遂で処刑されてしまう。永雪は真実を知る為に女と偽って宮女として宮廷に潜入するが···。宮廷に潜入するにしてはまだまだ意識が甘かった永雪が飛天と出会っていく内に段々と覚悟が決まって頼もしくなっていくのが良かったです。主人公の成長譚、バディものとしても面白かったです。永雪の内に秘めた強さに惹かれていく憂炎。最後の彼の告白が物凄く彼らしくて、己の大望の為に愛する相手ですら使おうとする憂炎の意志の強さが素適でした。二人が目指す理想が達成するまでぜひ読みたいなと思いました。 …続きを読む
    なぎ
    2024年01月08日
    3人がナイス!しています
  • 飛天の正体は早くに想像がついたけど面白かった。これはまだ続くかな。続巻が出たら読みたい。 飛天の正体は早くに想像がついたけど面白かった。これはまだ続くかな。続巻が出たら読みたい。
    早帆ママ
    2024年01月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品