裏ギャルちゃんのアドバイスは100%当たる 「だって君の好きな聖女様、私のことだからね」

裏ギャルちゃんのアドバイスは100%当たる 「だって君の好きな聖女様、私のことだからね」

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年04月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049153385
label

裏ギャルちゃんのアドバイスは100%当たる 「だって君の好きな聖女様、私のことだからね」

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年04月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049153385

「オタクくんは【裏(私)】の指南で、【表(私)】を攻略できるかな?」

 平凡な高校生・土屋文太のささやかな幸せは朝の電車で他校の女子・表川結衣を一目見ること。文太は密かに彼女を“聖女様”と呼び、その清楚な佇まいに癒されていた。そんな彼に話しかけてきたのは聖女様──ではなく、見た目が正反対のギャルだった!?
“裏川”と名乗るギャルは聖女様の大親友──というのはウソで、結衣が変装したもう一つの姿なのだが、文太はまったく気づかない!
 からかわれながらも教えてもらえる“(本人からの)100%当たるアドバイス”で、文太は聖女様と親密になれる……のか?
「ふふっ、私(裏)のアドバイスを聞いて、ちゃんと私(表)を攻略してくださいね?」
 裏と表、二人で一人の彼女に翻弄されるマッチポンプ・ラブコメディ!
 平凡な高校生・土屋文太のささやかな幸せは朝の電車で他校の女子・表川結衣を一目見ること。文太は密かに彼女を“聖女様”と呼び、その清楚な佇まいに癒されていた。そんな彼に話しかけてきたのは聖女様──ではなく、見た目が正反対のギャルだった!?
“裏川”と名乗るギャルは聖女様の大親友──というのはウソで、結衣が変装したもう一つの姿なのだが、文太はまったく気づかない!
 からかわれながらも教えてもらえる“(本人からの)100%当たるアドバイス”で、文太は聖女様と親密になれる……のか?
「ふふっ、私(裏)のアドバイスを聞いて、ちゃんと私(表)を攻略してくださいね?」
 裏と表、二人で一人の彼女に翻弄されるマッチポンプ・ラブコメディ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「裏ギャルちゃんのアドバイスは100%当たる 「だって君の好きな聖女様、私のことだからね」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 朝の電車で他校の女子・表川結衣を一目見ることにささやかな幸せを感じていた平凡な高校生・土屋文太。そんな彼に見た目が正反対のギャル裏川が話しかけてくる青春ラブコメ。文太は密かに聖女様と呼び、その清楚な佇 朝の電車で他校の女子・表川結衣を一目見ることにささやかな幸せを感じていた平凡な高校生・土屋文太。そんな彼に見た目が正反対のギャル裏川が話しかけてくる青春ラブコメ。文太は密かに聖女様と呼び、その清楚な佇まいに癒されていた表川が変装したもう一つの姿・裏川。聖女様の大親友と名乗った彼女の姿で密かに文太の真意を探り、彼に表川へ接触するアドバイスをしていくマッチポンプ展開で、傍から見れば二人で一人の彼女に翻弄されながらも、表川&裏川のどちらにも魅力を感じてしまっている文太と、それを喜ぶ彼女のこれからが楽しみですね。 …続きを読む
    よっち
    2024年04月11日
    24人がナイス!しています
  • 個人的にだけれどもなんかテンポが悪すぎて読みにくかったな。内容的には好みなんだけれども両視点の描写が同じことをもう一回書かれてるので読むのにダレてしまう。片方はもう少し簡潔に書いた方がいいかな~と思い 個人的にだけれどもなんかテンポが悪すぎて読みにくかったな。内容的には好みなんだけれども両視点の描写が同じことをもう一回書かれてるので読むのにダレてしまう。片方はもう少し簡潔に書いた方がいいかな~と思いながら読了した。書き方って大事と思わされた。 …続きを読む
    アウル
    2024年04月12日
    16人がナイス!しています
  • 聖女な表とギャルな裏を使い分ける少女と、勝手に聖女モードを見て癒されていたオタクくんのラブコメ。主人公とヒロインのほぼ二人で繰り広げられるのにまるで三角ラブコメかのような展開になっていて、ストレスフリ 聖女な表とギャルな裏を使い分ける少女と、勝手に聖女モードを見て癒されていたオタクくんのラブコメ。主人公とヒロインのほぼ二人で繰り広げられるのにまるで三角ラブコメかのような展開になっていて、ストレスフリーに三角関係が楽しめるという狙いはとても良かった。あと両方学生なのに登下校中に特化した作品というのも珍しい読み心地だった。両視点からの描写は基本的に嬉しいけれど、一から十までするとテンポが悪くなるので、大事なシーンだけにするとより効果的かなぁと思った。オタクくんが及び腰でゆっくりな展開なので尚更。 …続きを読む
    リク@ぼっち党員
    2024年04月12日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品