少女星間漂流記

少女星間漂流記

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049151374
label

少女星間漂流記

  • 著者 東崎 惟子
  • イラスト ソノ フワン
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049151374

ふたりぼっち、安住の星を探し求めて宇宙旅行。

 「次こそ住める星だといいな」
 馬車が銀河を駆けている。馬車を模した宇宙船が。乗っているのは、この風変わりな宇宙船を造った科学者・リドリーと、相棒の内気な少女・ワタリ。環境汚染で住めなくなった地球を後にして、二人は馬車を走らせる。目指すは、地球に代わる安住の星!
 けれど、二人が訪れるのはどれも風変わりな星ばかり……。死者を生き返らせることができるという神のいる星、運が良い人間ほど偉いとされる星、無数の図書館から成る星……変わった星々に、少女たちは翻弄されながらも強く生き延び、楽しみ、そしてまた別の星へ。
 二人は今日も、広い宇宙を旅している。
 「次こそ住める星だといいな」
 馬車が銀河を駆けている。馬車を模した宇宙船が。乗っているのは、この風変わりな宇宙船を造った科学者・リドリーと、相棒の内気な少女・ワタリ。環境汚染で住めなくなった地球を後にして、二人は馬車を走らせる。目指すは、地球に代わる安住の星!
 けれど、二人が訪れるのはどれも風変わりな星ばかり……。死者を生き返らせることができるという神のいる星、運が良い人間ほど偉いとされる星、無数の図書館から成る星……変わった星々に、少女たちは翻弄されながらも強く生き延び、楽しみ、そしてまた別の星へ。
 二人は今日も、広い宇宙を旅している。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

神の星
運の星
愛の星
焔の星(書籍版特典)
本の星
悪の星
環の星
話の星
光の星
闇の星
鳴の星
謎の星
甘の星
精の星
夏の星

「少女星間漂流記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 移住できる安住の星を探し求めて、馬車を模した宇宙船で風変わりな宇宙船を造った科学者リドリーと、相棒の内気な少女ワタリがそれぞれ特徴ある星々を訪れる連作短編集。環境汚染で住めなくなった地球に代わる安住の 移住できる安住の星を探し求めて、馬車を模した宇宙船で風変わりな宇宙船を造った科学者リドリーと、相棒の内気な少女ワタリがそれぞれ特徴ある星々を訪れる連作短編集。環境汚染で住めなくなった地球に代わる安住の星を探し求めて馬車を走らせるリドリーとワタリ。死者を生き返らせることができるという神のいる星、運が良い人間ほど偉いとされる星、無数の図書館からなる星など、一見安住したい思える星の様子と、それぞれが抱えるもうひとつの一面が描かれる展開で、時には翻弄されながらも楽しみ、生き延びる二人の絆がとても素敵な物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2024年03月08日
    39人がナイス!しています
  • 様々な星を巡り移住できる場所を探す少女たちの物語。○○の星といったタイトルの続く短編集で、[真夜中のウラノメトリア]を思い出しました。サクサク読めて、読書が苦手な方や時間がない方におすすめ。短い話に冒険 様々な星を巡り移住できる場所を探す少女たちの物語。○○の星といったタイトルの続く短編集で、[真夜中のウラノメトリア]を思い出しました。サクサク読めて、読書が苦手な方や時間がない方におすすめ。短い話に冒険が詰まっていてとてもおいしいテーマなのに、少々文章力(表現力)は欠けるかな?と思いながら読み進めましたが、時に引き込まれる話があったりと繋ぎ止められ、無事読了できました。 作者さんはこの作品をずっと書き続けたいとあとがきでおっしゃっていたので、微力ながら応援したい所存です。 目指せアニメ化! …続きを読む
    2024年03月13日
    23人がナイス!しています
  • ★★★★★面白かった。荒廃した地球を脱出し、終の棲家となり得る星を探して旅をする二人の少女、リドリーとワタリ。二人が訪れた様々な星での出来事を描く短編集。ライトなSF風味の作品で、地球とは異なる文化様式だっ ★★★★★面白かった。荒廃した地球を脱出し、終の棲家となり得る星を探して旅をする二人の少女、リドリーとワタリ。二人が訪れた様々な星での出来事を描く短編集。ライトなSF風味の作品で、地球とは異なる文化様式だったり、生態系だったりという違いから、ホラーやスピリチュアルといったジャンルの縛りさえ感じさせない短編もあり、バラエティに富んでいて良かった。個人的に好きだったのは本の星と話の星。このような形式の作品は、私の原初のラノベ体験を思い出させてくれるので、是非ともシリーズ化してほしい。 …続きを読む
    わたー
    2024年04月04日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品