悪役好きの俺、推しキャラに転生 ~ゲーム序盤に主人公に殺される推しに転生したので、俺だけ知ってるゲーム知識で破滅フラグを潰してたら悪役達の帝王になってた件~

悪役好きの俺、推しキャラに転生 ~ゲーム序盤に主人公に殺される推しに転生したので、俺だけ知ってるゲーム知識で破滅フラグを潰してたら悪役達の帝王になってた件~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年11月17日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
340
ISBN:
9784049150322
label

悪役好きの俺、推しキャラに転生 ~ゲーム序盤に主人公に殺される推しに転生したので、俺だけ知ってるゲーム知識で破滅フラグを潰してたら悪役達の帝王になってた件~

  • 著者 高野 ケイ
  • イラスト kodamazon
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年11月17日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
340
ISBN:
9784049150322

悲しき運命を辿る(ハズの)悪役たちの過去を、知識チートで覆せ――!!

 優秀な妹と比べられ続け、次期領主という立場すら失い、自暴自棄になって悪政を敷いた結果、主人公たちに倒される――それがとあるゲームに登場する悪役、ヴァイス=ハミルトンの人生だ。
 そんな彼に感じ入る所があって「悪役推し」になった俺は、ある時「ヴァイス」としてゲーム世界で目を覚ます。それは彼が主人公たちに討たれる数年前……つまり! 今ならまだ運命を変えられるということだ!!
 このゲームをやり込み、どうしたらヴァイスを救うことができるのか……そんな妄想(シミュレーション)を数百回は繰り返してきた俺の知識と経験(?)をもって、破滅フラグを回避する!!
 推しキャラ転生から始まる悪役救済ファンタジー!!
 優秀な妹と比べられ続け、次期領主という立場すら失い、自暴自棄になって悪政を敷いた結果、主人公たちに倒される――それがとあるゲームに登場する悪役、ヴァイス=ハミルトンの人生だ。
 そんな彼に感じ入る所があって「悪役推し」になった俺は、ある時「ヴァイス」としてゲーム世界で目を覚ます。それは彼が主人公たちに討たれる数年前……つまり! 今ならまだ運命を変えられるということだ!!
 このゲームをやり込み、どうしたらヴァイスを救うことができるのか……そんな妄想(シミュレーション)を数百回は繰り返してきた俺の知識と経験(?)をもって、破滅フラグを回避する!!
 推しキャラ転生から始まる悪役救済ファンタジー!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「悪役好きの俺、推しキャラに転生 ~ゲーム序盤に主人公に殺される推しに転生したので、俺だけ知ってるゲーム知識で破滅フラグを潰してたら悪役達の帝王になってた件~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆噛ませ犬キャラが好きな主人公が、とあるSRPGにおける主役の敵対勢力の青年領主に魂だけ乗り移ったことで、不遇な末路を辿る彼を救うために、ゲーム知識を使って運命を変えようとする物語。主人公の最推しであ ★★★☆☆噛ませ犬キャラが好きな主人公が、とあるSRPGにおける主役の敵対勢力の青年領主に魂だけ乗り移ったことで、不遇な末路を辿る彼を救うために、ゲーム知識を使って運命を変えようとする物語。主人公の最推しであるその青年だけでなく、ゲームの世界線において青年を逃がすために自爆した戦闘もできるメイド、婚約破棄した人物の首をその場で刎ねた悪役令嬢、その身を蝕む呪いのせいで邪教に堕ちた偽聖女といった、アライメントが「悪」にならざるを得なかった人物たちの未来も変えてしまうという主人公の行動自体は良かった。 …続きを読む
    わたー
    2023年11月20日
    17人がナイス!しています
  • 自分の境遇とも重なり、大好きで救いたいと思ってた推しキャラになってたお話。 主人公が自分=推しキャラだから、やたら自己肯定感高くて楽しかったです。 メイドのロザリアさんがヒロインとして、ぶっちぎってまし 自分の境遇とも重なり、大好きで救いたいと思ってた推しキャラになってたお話。 主人公が自分=推しキャラだから、やたら自己肯定感高くて楽しかったです。 メイドのロザリアさんがヒロインとして、ぶっちぎってましたね、強い。 面白かったです! …続きを読む
    サキイカスルメ
    2023年11月21日
    13人がナイス!しています
  • とっても面白かった。物語の展開そのものはオーソドックスなものでしたが、主人公がなぜ悪役を推すのかということがきちんと描かれていることに加え、悪役と呼ばれるキャラたちにもそれぞれの理由があることが明示さ とっても面白かった。物語の展開そのものはオーソドックスなものでしたが、主人公がなぜ悪役を推すのかということがきちんと描かれていることに加え、悪役と呼ばれるキャラたちにもそれぞれの理由があることが明示されていたので、動機と行動に矛盾がなく非常に気持ちの良い読後感を味わうことができました。キャラの配置も適切で今後の展開が楽しみなところではありますが、やはり男性向け作品ということで初巻の段階でハーレムルートに向かっている気がするので、個人的には男性キャラも救うことでそのあたりのバランスを取ってほしいところです。 …続きを読む
    尚侍
    2023年12月05日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品