20代、親を看取る。

20代、親を看取る。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年05月24日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784046821201

20代、親を看取る。

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年05月24日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784046821201

静かな愛にあふれる、若年層の介護体験記!

母親の余命がわずかと知り、最期の時間を家族で過ごすために自宅介護を選んだ20代の作者・キクチさん。
そんな彼女が体験した自宅介護の現実や、“親との死別”と向き合う中で複雑に揺れ動く感情を描いたコミックエッセイ。

Instagramに投稿していた漫画を基に全編描き下ろし!新規エピソードも多数収録。更にテキストエッセイが追加され、漫画では描ききれなかった部分も語られています。
作中に出てくる「KIKUCHI JOURNAL」や家族写真、母との思い出の品などを紹介するページなどもあり、Instagramからの読者も初めての読者も楽しめる1冊です。

<CONTENTS>

プロローグ

CHAPTER1:入院
第1話 母の入院を知る
第2話 突き付けられた“母の死”と後悔
第3話 母と4ヶ月ぶりの面会
第4話 セカンドオピニオンで決意
Special1 “KIKUCHI JOURNAL”をご紹介!

CHAPTER2:自宅介護
第5話 自宅介護スタート
第6話 母のために準備したこと
第7話 介護初日のバタバタ
第8話 まだ穏やかな自宅介護
番外編 自宅介護 1日のスケジュール
第9話 深夜の氷事件で大号泣
第10話 実感し始める介護のハードさ
第11話 目に見えて弱り始めた母
第12話 残りの時間で何ができるか
第13話 親の介護とパートナーの関わり方
第14話 母と交わした最期の会話
第15話 最期の1週間
第16話 母を看取った日
Special2 パタンナーの母が作ってくれた思い出の品

CHAPTER3:看取り後
第17話 家族参加型の葬儀準備
第18話 あたたかな悲しみに包まれた葬儀
第19話 自宅介護を終えて
Special3 キクチ家の家族写真

あとがき
母親の余命がわずかと知り、最期の時間を家族で過ごすために自宅介護を選んだ20代の作者・キクチさん。
そんな彼女が体験した自宅介護の現実や、“親との死別”と向き合う中で複雑に揺れ動く感情を描いたコミックエッセイ。

Instagramに投稿していた漫画を基に全編描き下ろし!新規エピソードも多数収録。更にテキストエッセイが追加され、漫画では描ききれなかった部分も語られています。
作中に出てくる「KIKUCHI JOURNAL」や家族写真、母との思い出の品などを紹介するページなどもあり、Instagramからの読者も初めての読者も楽しめる1冊です。

<CONTENTS>

プロローグ

CHAPTER1:入院
第1話 母の入院を知る
第2話 突き付けられた“母の死”と後悔
第3話 母と4ヶ月ぶりの面会
第4話 セカンドオピニオンで決意
Special1 “KIKUCHI JOURNAL”をご紹介!

CHAPTER2:自宅介護
第5話 自宅介護スタート
第6話 母のために準備したこと
第7話 介護初日のバタバタ
第8話 まだ穏やかな自宅介護
番外編 自宅介護 1日のスケジュール
第9話 深夜の氷事件で大号泣
第10話 実感し始める介護のハードさ
第11話 目に見えて弱り始めた母
第12話 残りの時間で何ができるか
第13話 親の介護とパートナーの関わり方
第14話 母と交わした最期の会話
第15話 最期の1週間
第16話 母を看取った日
Special2 パタンナーの母が作ってくれた思い出の品

CHAPTER3:看取り後
第17話 家族参加型の葬儀準備
第18話 あたたかな悲しみに包まれた葬儀
第19話 自宅介護を終えて
Special3 キクチ家の家族写真

あとがき

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「20代、親を看取る。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • キクチさんとお父様が立派過ぎて。自分だったらどうか、こんな風には向き合えないはず、等々さまざまな考えが頭をよぎるがいつかはやらなければならないこと。交通事故などの突然死や私が先に逝く場合をのぞいて。だ キクチさんとお父様が立派過ぎて。自分だったらどうか、こんな風には向き合えないはず、等々さまざまな考えが頭をよぎるがいつかはやらなければならないこと。交通事故などの突然死や私が先に逝く場合をのぞいて。だから介護出来る時間があるのは幸せなことなのかもな、と思ってみたりも。“死ぬ前人は一瞬元気になる時がある”現象、こんなに明確なもんなんですね。ここで全ての想いを伝えられたキクチさん。本当に良かった。しれっと暗証番号までね笑。葬儀や告別式も心がこもっていたし、理想的な見送り方としか言いようがないです、こんなん。 …続きを読む
    ひなはる
    2023年10月22日
    4人がナイス!しています
  • お母様を脳腫瘍でなくした方の最後の自宅介護、みとりまでの記録。お父様と二人でほんとによくなさって、すごい。そして、誰でも亡くなるのだけど、できることはした、という気持ちが次に向かう力になるんだなあ、と お母様を脳腫瘍でなくした方の最後の自宅介護、みとりまでの記録。お父様と二人でほんとによくなさって、すごい。そして、誰でも亡くなるのだけど、できることはした、という気持ちが次に向かう力になるんだなあ、と思う。 …続きを読む
    りょう
    2023年08月09日
    4人がナイス!しています
  • まだ若い母(抗がん剤で頭髪を喪失)手術できない箇所の脳腫瘍で「よくもって六ヶ月」と言われた。折しもコロナ禍で、入院させると面会が困難になるので自宅看取りを決断。見晴らしのいい三階の自室に介護ベッドを設 まだ若い母(抗がん剤で頭髪を喪失)手術できない箇所の脳腫瘍で「よくもって六ヶ月」と言われた。折しもコロナ禍で、入院させると面会が困難になるので自宅看取りを決断。見晴らしのいい三階の自室に介護ベッドを設置する、通院以外は動かせず/「知人に会っておくこと」「写真を撮ること」「感謝の思いを伝えること」を優先。日々体力が落ち、偏食になり次に食欲が失せる/“死ぬ前に束の間明敏になる時がある”/職場環境にも配偶者にも非常に恵まれたケースで参考にならないかもしれないが悔いのない「できるだけのことはやった」自宅介護の讃歌 …続きを読む
    がんぞ
    2023年12月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品