試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784046811844

さあ、脱獄を始めましょう

  • 著者 藤川 恵蔵
  • イラスト 茨乃
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784046811844

俺の暮らすこの町全体が一つの監獄!? 衝撃のバトルファンタジー!

都市パノプティコン。四方を山に囲まれた、美しい町。そこで暮らす少年ヴァンは、なんの変哲もない平凡な人生を送っていた。ところが、プラチナに輝く髪を持つ謎の少女・ダイヤと出会ってから、彼の人生は変わり始める。

「ここは監獄。貴方は囚人で私は看守です」

これは、囚人と看守による巨大な監獄都市からの「脱獄」の物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「さあ、脱獄を始めましょう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何の前触れもなく、突然透視能力に目覚めたヴァンが偶然女性の着替えを目撃した日から美少女のダイヤに付き纏われることに。そんなある日、ダイヤが看守で自分達は犯罪者だと気づいたヴァンが監獄都市で繰り広げるバ 何の前触れもなく、突然透視能力に目覚めたヴァンが偶然女性の着替えを目撃した日から美少女のダイヤに付き纏われることに。そんなある日、ダイヤが看守で自分達は犯罪者だと気づいたヴァンが監獄都市で繰り広げるバトルファンタジー。 ヴァンが刑務作業をこなす傍ら、個性的な友人達や看守達から情報収集に勤しむ一方で、異能や念動を駆使したバトルの中で状況が二転三転する展開は読み応えがありました。 しかし、ヴァンが自分のことを思い出したりする話が多く、肝心の脱獄の描写はあまりなかったので、その辺りは次巻に期待したいところです。 …続きを読む
    オセロ
    2022年02月25日
    29人がナイス!しています
  • ★★★ タイトル買いした作品。 読み終えた率直な感想としては良くも悪くも読者を置いてけぼりにしている感が強い作品だなというものでした。まず、あらすじを読まないと状況が殆ど分からない序盤50ページは ★★★ タイトル買いした作品。 読み終えた率直な感想としては良くも悪くも読者を置いてけぼりにしている感が強い作品だなというものでした。まず、あらすじを読まないと状況が殆ど分からない序盤50ページは正直かなり苦痛でした。世界観・設定・キャラクターの関係性等何も分からないまま話が進む上に、肝心の主人公ですら実態を掴めていない透視能力なんて登場させられると読者側はかなり厳しいなと。 物語全体の流れもイマイチ分からず、結局主人公がどんな罪を犯して収監されているのか。監獄の外の世界はどうなっているのか。ヒロイ→ …続きを読む
    まっさん
    2022年03月15日
    24人がナイス!しています
  • 都市・パノプティコンで暮らす少年・ヴァンはある日突然透視の異能力に目覚め、謎の少女・ダイヤに目を付けられてしまいます。都市の秘密、そして住人の正体は過去の記憶をナノマシンによって奪われてしまった犯罪者 都市・パノプティコンで暮らす少年・ヴァンはある日突然透視の異能力に目覚め、謎の少女・ダイヤに目を付けられてしまいます。都市の秘密、そして住人の正体は過去の記憶をナノマシンによって奪われてしまった犯罪者だと知ってしまったヴァンは戦いに巻き込まれていきます。なんか思っていたのとは少し違いました。異能力バトルの比重が多めで、監獄脱出計画自体もようやく最後の方にちょろっと出てきただけだったのは驚きでした。キャラ的にはヴァンよりむしろまだ何か隠してそうな親友のアッシュの方が好みでした。 …続きを読む
    ひぬ
    2022年03月25日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品