ほんとうは“よわい恐竜”じてん それでも、けんめいに生きた古生物

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784046055989

ほんとうは“よわい恐竜”じてん それでも、けんめいに生きた古生物

  • 著者 土屋 健
  • 監修 林 昭次
  • イラスト ACTOW(徳川 広和・山本 彩乃)
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784046055989

テレビ東京『秒でNEWS180』でオススメの1冊と紹介され話題沸騰!

第1章 病気になるし、ケガもする
・アロサウルスも仲間がいないと・・・
・パキケファロサウルスが頭突きをしていた「意外な理由」
・ディロフォサウルスは早く走れたがゆえに・・・
・巨大なティタノサウルス類を悩ました「極小」の生きものとは?
第2章 恋に育児に一生懸命
・エドモントニアは、なぜ、「あまり硬くない」トゲトゲだったか?
・オルニトミムスのオトナにだけ「翼」があった理由
・ステノプテリギウスの出産が、人間以上に「命がけ」だったワケ
第3章 生きるのってたいへん
・セントロサウルス数千頭の群れが「死の行進」と化した理由
・ランフォリンクスが「イカ」をゲットしたと思ったら・・・
・ステゴサウルスの「ある部分」はヒトの3分の1の力だった
第4章 “身近な彼ら”もがんばった
・ミクロシオプスの「虫歯」の原因もやっぱり・・・
・なぜ、スミロドンの狩りは「腰痛」にさいなまれがちだった?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

この著者の商品

最近チェックした商品